今まで、宇の大きな船はアイデアがと界にまたがる上にすべてするのが良くて、みんなは必ず今年のバーゼルの上で宇の大きな船が私達に新しい材質を持ってきを忘れることはでき(ありえ)ないです:空腹です。これは希少金属で、宇の大きな船はそれを植えて時計の文字盤に入ります。オスミウムの結晶構造が密集していて、空気の中で非常に安定的です。そのため、オスミウムの持つ独特な青い光沢はいつまでも色褪せありません。科学者達はオスミウムの結晶高い精密な技術を通します:オスミウムの融点(3033℃)の下で、その構造を変えてオスミウムの結晶になります。このような大きさは0.1ミリメートルから数ミリメートルの等しくないオスミウムの結晶の宇の大きな船に表させるオスミウムの結晶の時計の文字盤まで(に)本当にの奇跡になります。

宇の大きな船の大空陀はずみ車の空腹な金属の腕時計