バーゼルに参加して展とジュネーブのブランドを表して、その主な目的はすべて同じで、帰納して2つの方面になることができります:

ひとつのは製品をメディアを通じて(通って)広めるので、消費者に広めます。メディアの記者を除いて、各国のスターも2が大きいに展の上で表しが現れるのが。スウォッチグループは毎年でもいくつかの人気がある中国のスターを招待して、バーゼルまで(に)表して展の上で一サークルを行って、あとで娯楽のメディアの上で展の関連情報を表しが現れて、たとえば2018年の黄と景瑜のむつまじく楽しい度、陳はティソと冬を学びます。

展会のもう一つの目的は商品を注文するので、これはブランドの業績の実質性一部に関連するのです。以前、世界各地の時計店の中でどんなが新しく表しが現れて、主にかかってこれ2度で展覧して、販売代理店はどんなの新作が気に入って、どれだけの注文書をおりました。

しかし現代情報ネット社会の中で、とっくに取引の双方がもう座っていっしょに注文書の数量を相談して決めに来が必要でないようで、販売店のネットワークデータはリアルタイムで更新のことができて、すぐブランドにどんなのデザインが売ることができるのを教えることができて、どんなは市場に受けられません。

いいえ誇張して言って、技術の上で言って、時計の業界は10年前にで“C2B”をやり遂げることができて、すぐ取引先の需要によって工場の工事を始める状態を決定しに来ます――どんなのよく売れるデザインは多くいくつか生産して、どんなの注目されない所のモデルは直接機械、下部の処理を止めます。

実際には、これ10年来、時計の展会はずっとあやうく真っ盛りな状態で続けて、これは主要な市場の変動に帰結させられて、更に広範に消費を刺激する広めなければなりません。

最もここ2年来、アジアと欧米市場はすべて待望するのがしっかりしているのを始めて、その上過去の数年時間の中に、ブランド達は更に自営専売店を開きに傾いて、オンラインの販売業務を展開するのと、これはもう展のできる直接な原因の中の一つがそのように必要でないのだと思われます。

この報道の前の10日で、7月18日、スウォッチグループはその2018年の上半期の業績を公表して、“スウォッチグループの歴史の上の半年の新聞の記録”でその得た良い成績を述べます:売上高は15%近く増加して、43億近く瑞郎に達します;納税後の純利益は67%近く大幅上昇して、4.7億近く瑞郎。

だから、バーゼル展は5000万瑞郎を使って、スウォッチグループにとって、1つのとても大きい数字ではありません。それが選んで業績が大幅上昇する時バーゼルを離れるのを宣言して、多分投資収益率を使って低すぎて釈明しに来ることしかできなくて、小海の耶克所指す仕返しは多くの内容を含むべきです。

スウォッチグループはまたバーゼルに帰って展を表すかどうか?これは私達は知るよしがありません。

でも、2016年の時、いくつかの原因から、スウォッチグループのブランドもすべて欠席する当時GPHGジュネーブの時計が大きいのでことがあって与えます;2017年、時計が最も良いにの参加してもう1度表す評定を刻みを積み重ねるロンジンの1匹の“大きい目”の時間単位の計算がしかなくて、そして最後にこの賞を獲得します;2018年、すでに多くただロンジン、米の度と漢のミルトンの腕時計だけが最新の1年のGPHG申し込みの名簿の中で現れるかがありました。

…見える、2年後スウォッチグループのブランドは正式にジュネーブの時計を復帰して大いに与えたと言えます。

バーゼルに参加して展とジュネーブのブランドを表して、その主な目的はすべて同じ