超薄を話し出して、ブルガリ(Bvlgari)は1つの奮起して急追したブランドです。2014年OctoFinissimo(Finissimoがイタリアの文の中で薄い意味だ)のシリーズの厚い5ミリメートルを出す手動の上で鎖陀はずみ車の腕時計の後から、次々と2015年に厚い5.75ミリメートルの手動を出す上に鎖の小さい3針の腕時計、2016年に鎖の3に厚い6.85ミリメートルの手動の上で腕時計を聞くように出して、2017年に厚い5.15ミリメートルのに自動的に鎖の小さい3針の腕時計に行くように出して、2018年に厚い3.95ミリメートルのに自動的に鎖陀はずみ車の腕時計に行くように出して、ほとんど毎年すべて意表をつくすばらしい初めての試みがあります。

5モデルのブルガリの超薄の腕時計

OctoFinissimoは自動的に鎖の腕時計、厚さの5.15ミリメートルに行きます。
OctoFinissimoは手動で鎖のサイドオープンの腕時計、厚さの5.35ミリメートルに行きます。
OctoFinissimoは手動で鎖飛行陀はずみ車の腕時計、厚さの5ミリメートルに行きます
OctoFinissimoは自動的に鎖陀はずみ車の腕時計、厚さの3.95ミリメートルに行きます。
OctoFinissimoは手動で鎖の3に行って6.85ミリメートル腕時計、厚さを聞きます。

その上ブルガリはOctoFinissimoシリーズの中で貴金属を採用するを除いて、また(まだ)大量にチタン金属を採用して、チタン金属が融点の高、硬度があるのが大きい、可塑性が強い、密度が小さい、腐食するのに耐える長所、その上それは貴金属とステンレスに比べて来るのが軽くて、そのため超薄はチタン合金の運用を足して、ブルガリのこのシリーズを軽い上にカナダが軽くならせて、鴻毛のようだそんなことはないが軽い、しかしも絶対に“軽い”は見てはいけません。その上、時分秒の基本的な機能を除いて、ブルガリは更に複雑な機能の上で精を出して、飛行する陀はずみ車は3と聞いて、すべて伝統の表を作成する領域の絶対的で複雑な機能で、ブルガリが“軽い”を運転するのは熟していて、奪い取るこの領域の超薄の王者、確かに人に新しい目で見させます。

ここでまた(まだ)多く1持って、今年のブルガリもとは超薄の3の聞く基礎の上で、炭素繊維で腕時計の材質としてチタン合金に取って代わって、3が時間を知らせる音に合理化するのを得るのを聞く以外、更に再度腕時計の重さを下げて、1枚の3は表したのに重さを表してなんと47グラムしかないをの整えるのを聞きます!確かに不思議です。続く数年を信じて、ブルガリは炭素繊維技術を続々とその他の超薄の腕時計の上で運用します。

超薄を話し出して、ブルガリ(Bvlgari)は1つの奮起して急追したブランドで