カルティエとインドの風格あるいは、インドの真珠や宝石の作品はとても深い歴史の源を持っていて、1909年その時にカルティエロンドン支社の皮を担当して・カルティエがインドに来て、新しい取引先と新しい宝石の出所を掘り起こしを望んで、つまりインドの王宮と頻繁に接触するのを始めて、これもカルティエとインドの真珠や宝石と風格の霊感の交流と作品に助力しました。あとでカルティエとその他はフランスとイギリスの優秀な宝石商から来て、インドと次から次へと接触する更に深いのがあって、同じくインド皇室の真珠や宝石に受けてより多くヨーロッパの影響でから来させて、同時にヨーロッパの真珠や宝石設計の風格に影響しました。

カルティエは20世紀初めからインド皇室のために真珠や宝石を作って、この制の1932年にのネックレスはカルティエの設計もインドの風格の影響を受けるのにわかります。

その中のカルティエの最も有名な〝果物の妙策(TuttiFrutti)〞はその中がインドの風格を受けて創造したのがだけあって創作に影響します。果物の妙策はたぶんエメラルドグリーン、サファイアを使ってルビーと創作する主要な宝石のためして、これらのエメラルドグリーン、サファイアはたぶん同じくインドのよくあるトーテムの刺青のようです、不規則な宝石ぐらい、古いインドの真珠や宝石の作品をそのまま用いるで、宝石のもとの様子を保留することが好きで、切断しない風格。

1858年にイギリスは正式にインドを統治して、インドの真珠や宝石の風格にも大幅に西方の真珠や宝石設計の風格の影響を受けさせて、それにカルティエのリードしたフランスの宝石商はインドの真珠や宝石の作品の1つのものの交流する風格を動かして変化します。たとえばインドの真珠や宝石の常用する古法〝昆丹〞、純度のきわめて高い金箔が宝石をめぐってするを基の席にするので、金の職人は鉄の質を通じて(通って)彫刻刀を彫って金のプラチナをきつく宝石に貼ることができて、強靭性と強さの両の強い基の席を創造して、このような技巧は外観の上で西方の密封式が象眼するように見えて、純金を使う原因は黄金の屈折を利用するので、上にある宝石を埋め込みしていっそうきらめきを譲って、西方の真珠や宝石の技術のが入って来る後で、インドの真珠や宝石の作品は〝爪で〞を埋め込みして〝昆丹〞に取って代わったのを始めます;その他にプラチナの金の導入が黄金の使いに取って代わったのもこのような潮流の下の転換の中の一つです。

インドの風格はヨーロッパの真珠や宝石と相互に影響し合います