人類は黄金の崇拝する歴史に対して昔からそうです。最も始まって、人類が黄金を崇拝するのは太陽とと関係がありで、人類はずっとに対して彼らのために明るい太陽を持ってきて熱狂的な崇拝を満たして、太陽と同様に神秘的な光芒の黄金を配っていて太陽の化身になったことができて、黄金を持ってすぐ太陽を持って、最高の権利と財産を持ちました。そのため、中国で古代、君主はからだに全て要って黄の長衣をはおって、貴重な黄金を使って宮殿にして飾りに来ます。全世界の範囲で、考古の文献によって見に来て、四大文明の古い首都は例外がなく財産と権利のトーテムとして黄金を選びました。

金本位の価値観の中で、人類の黄金に対する渇望はこれまですべて親切だです。最近の2013年の広州中国輸出商品交易会の上で、広州琶洲の会議・展示は史の上で最もかっこいい土豪の金の豪華なスポーツカーが突然現れて、この全長の5.2メートル、幅の2.38メートル、高い1.42メートル、再び約3トンの全く新しいBMWZ4型のスポーツカーが象眼して3万つのmao牛の腿の骨があって、上が貼って(純金が999あって、純度は99.9%)黄金甲板のために1999切れ全部で、この命名の“空を飛ぶ竜”の竜の爪がちょうど4つ捉えて貼る9999金(千純金があって、純度は999.9%の)の車輪で、展会の時大いに異彩を放ちます。

金の時に計算するトーテムに解け合います