その外、現代3は腕時計の中にとても面白い種類がまだありを聞いて、つまり十進法の3は聞きます。文字通りで、それは今のところの3を時間を知らせる中によくある15分が交替して10分になりに聞きます。確かに、この機能は実現技術の上で何が革新するのと言えないで、さすがに懐中時計に時代半分が刻んで、10分の3が時間を知らせる影を聞きがいて、2は懐中時計の中に更に5分の存在がありを聞きます。しかし承認しなければならなくて、十進法の時間を知らせる方法は15分の時間を知らせる方法を比較して、更に現代人のに合って読む時慣れます。同様に12:59で例として、伝統の3は先に12の下で低音代表12時で表しを聞いて、3チームの高い低音で3回の15分を代表するのを受けて、それから14の下で高音が14分表すのです;しかし十進法の3が聞く中で、時間を知らせる音は12の下で9の下で低音、5チームの高い低音高音になりましたおよび。両者の違いは明らかに分かって、前者が声(音)を聞く時1つの“15×3+14”の運算を経て59の概念を得ることができなければならなくて、しかし後者、5チームの高い低音の代表の5×10=50分、9の下で高音は9分代表して、直接声(音)を聞いてすぐ知っているのを暗算する必要はありません。

すぐ市場に目を向けて、この種類の製品は指折り数えるほどわずかです。その中、ランゲZeitwerkMinute Repeater3はどうしても持たなければならない1モデルを聞いて、まるでフクロウのが跳ぶ時分けて盤面の配置の下を表示するのを跳んで、含むの軽快で耳に心地良い十進法の3が時間を知らせるのを聞くので、かつ良く見分けることができます。

十進法の3は聞きます