これで、もしかするとどなたは聞いて、どのように1モデルの3が腕時計の時間を知らせる音の善し悪しを聞きを判断します。本当の話、これいっしょに複雑なのそれなのに簡単なテーマを言います。その複雑で、理論が標準を測定するのにあって、あるいは3が腕時計に工場出荷するのを聞く前で時間を知らせる音の最終測定だに対してブランドだそうです。パテック・フィリップを例にして、資料は表示して、ブランドは音響学分析の領域の専門家に1つの音のデータベースを創立したように招待して、そしてだから基礎のために専属を設立してパテック・フィリップで3が時間を知らせる測定システムを聞いて、パテック・フィリップという音の曲線。そしてだから一モデルごとにの間もなく工場出荷するでしょう腕時計が音の高さ、音量、音の長さ、リズムのなどデータ化の測定を行いに対して、それがまず理論に合って求めるのを保証する。この後で、パテック・フィリップの総裁が自分の耳で一モデルのごとに3を鑑別して腕時計の時間を知らせる音に耳に心地良いかどうかを聞いて、その署名を経て認可した後に、世間に現れることができます。

もしこのブランドが3が腕時計の時間を知らせる音の要求に消費者の角度に転化するのを聞く、理論の上でにとって、をただ音量、音質、リズムのあの3時(点)だけにです。しかし、叙述中でなぜ理論の2字を使うのか、実際の使用で過程でためで、消費者が3判定して腕時計の音質の善し悪しの標準に実はとても簡単なののを聞いて、しかつめらしく器具を持ってこれを測ってそれを測りに行く必要はなくて、いつも2時を銘記するのでさえすれ(あれ)ば、よく聞こえて聞くのが聞いて気持ちが良いです。

当然で、まさに勲爵位が好きなようである人がいてしかし崇のロックを追う人がいて、3で音質の領域にもこのようにを聞きます。32回の17~19秒のリズムをのが正統的で、間違いありません;しかし25秒にまたなにがいけません。“相手のぼろぼろな草、吾の宝”、の3で腕時計に領域もこのようにを聞きます。

文の最後、見出しのその問題に帰りますとよくて、“どんな3が腕時計に持ちに値するのを聞く”、1人当たりがすべて自分に属する解答がありを考えてみます。しかし少しみんなは共同の認識に達することができます:3は一定を表すのがまず要するよく響きを聞いて、聞いてすべて聞こえないで、間違いなく良い3が時計を聞くのではなくて、それから音質のがを比べるです!
しかし私にとって、一定はパテック・フィリップRef.です5539Gは(前が1文収集する中で、私はすでに私がただ38mm以下、時計の文字盤の簡潔なモデルだけ)を受け取りを話題にしました。所得の価値の保持性のためではなくて、更にパテック・フィリップが3で領域の偉大な功績を聞くためではありません。これらはすべてRef.を事実、私ですがしかし、5539はと見なして表しを夢想してモデル、これため私の聞いたことがあるすべての3が時計の中でただ聞くだけで、音を得るのは最も軽快で、リズムは最も適切です……もしこのモデル、時計を隠しに勝って百を越えます。

どのように3が腕時計の時間を知らせる音を聞きを判断しますか