このブランドはその創始者のルイ・ブレゲ先生が多すぎる腕時計の第1回に関してを持っていてを発明するため“時計の王”と名乗ります。そのすべてのデザインは皆18K黄金以上の貴金属を使って外側を製造して、ワニの皮バンドを主なにして、その上時計の文字盤の通常は銀めっき処理で、見たところとてもきれいです。

愛顧のブレゲの人は特にそれの手元(体)に配ってくる皇室の風格と気高い設計の風格を特に可愛がって、そのブランドは作る藍鋼ブレゲの針からを象徴します。

1783年、ブレゲ先生がこの近い端所の1/4か所を設計して透かし彫りで少し丸いポインターがあって、そしてその時のこの設計がぱっとしないで、この小さい青鋼ブレゲの針が200年余りを続けて使ったと思い付いていないで、そしてブレゲの最も富む特色のうわべ設計になって、その他のブランドの腕時計の合い争ってまねる目標にもなります。ここから藍鋼ブレゲの針はブランドのシンボルとして最も適切です。

ブレゲLOGO背後のブランドのストーリ