立体感の最も強い金槌は深い浮き彫りをおさえます

黄金の浮き彫りの中で最もよくある精密なワシの方法の中の一つ、“金槌が深い浮き彫りをおさえる”は実はヨーロッパの高級の金銀が製作の中でよくある加工の芸術を加工するので、ひとつの専門の芸術で、1つの特殊な業界で、精密なワシの職人達の社会の地位と時計の大家は甚だしきに至っては似たり寄ったりで、1匹の上質加工の深い浮き彫りが殻を表して1匹の時計の価値同類の製品の10倍以上まで(に)売ることができます。

“金槌が深い浮き彫りをおさえる”の技術が刃物を使わないでも“鋳型”がなくて、ただ1匹のこづちと何点の簡単な道具だけに任せて、2匹の目とひとペアの名人、原画の手本によってひとつの黄金の薄板の上でくねくねしているの、(引き)伸ばし、切り替え、複合、成型、光沢加工のなどとても複雑な工程を完成することができます。深い浮き彫りは削りを主なにして、しかし本当にの深い浮き彫りの微彫はとても立体なことができ見えるのです。(zan)を彫刻して刻むのといって、道具で下へ打ちます。刃物を使わないが、しかし浮き彫りの効果は負けないで刃物で少しも作品を彫って、また痕跡を刻む刃物がないため、かえって更に図案がでこぼこで独特のおもしろみがある、人物の線生き生きとなめらかなことに見えます。

ジャークの独ルーマニアPetite Heure Minute Relief Dragon腕時計