RICHARDMILLEは1から始めて酒の樽形を創造してしかも完璧な曲線の表す殻に付いているを設計の主軸にして、、はチップの設計の上でも道理にかなっていて酒の樽形でめぐる、根源に酒の樽形の主な添え板をしを創作するにするを除いて以外にRICHARDMILLEが大胆に直接チップの構造設計をひとつのが完全に固定的に時計の殻の中で、その透過性を失わないで繁雑な顔立ち、に取って代わることができるのになってチップの輪列の自身を直接腕時計の外観の主役にならせます。

もしもチップが1つの建築構造だと想像して、RICHARDMILLE選択の前後でサファイアの水晶の鏡映面は底と建築物のをかぶせて外材質にひっくり返って、それではチップの自身は建築物の構造と梁柱です。私達はRM59―01で初めてしかしこのように機械的な腕時計のチップきわめて簡単なのしかも富む興味の創造力を見て、1匹のトノサマガエルの水かきの手の固定が橋を表して全体のチップの輪列にまたがったようで、そしてその固定を、人に建物の名高い先生FrankGehryルイ・ヴィトン基金会のためにパリで設計した現代芸術展覧館まで(に)連想させます。

これに似ていて帆船をテーマの設計にして方正の建物の考えを打ち破って、RICHARDMILLEはRM59―01のチップ設計上で、平面層を突破して下落して考えを組み立てて、4つで形の単線の支柱の固定的な全体の輪列に発散して、FrankGehryと弧面の不規則な大きい面積のガラスを使って覆い隠して、建築構造の骨組みを露出しだして、1つの建物だそうで、実は更に1つの芸術品に似ています。

手首は殻設計を説明して計略のつける性の生まれつきの制限を持っていて、RICHARDMILLEはこのような制限を他の進展変化して設計のアイデア、RM70―01は伝奇に対して運転手、自分で運転手AlainProstの自転車に乗る需要を競って、殻のアウトラインを表しを計略と手の平間の身体の曲線に沿って、1モデルの“曲がりくねった道式”の腕時計を製造しだします。チップさえ引き続き“方向転換”、自転車の骨組みのアウトラインを霊感にして、いいえ等辺三角形の固定は橋のこの方向転換でのチップを表して、かえって特殊ないくらゲームになります。

同時にRM70―01のを観賞して、まるですでに死去する有名な女性の建築士ZahaHadid設計の阿利耶夫文化センター(HeydarAliyevCenter)もありありと目の前に:直角三角形に似ていてそれなのに動感の強烈な線を流して、建てるのは1つの机上の空論の設計の原稿ではなくて、実行する建物体は環境の地理(学)の条件を考慮に入れていて、線、構造と材質などの条件を運用して、造型と機能に相当して一体になることができって、1つの視覚の感覚器官になってと機能の並行する傑出している作品を使います。

RM70―01は正にRICHARDMILLE腕時計の中でで、最もこのようながあって動感の特質の設計を流して、このような動感の材料収集を流してもAlainProstのサイクリングの需要で来るのから来て、材質のが(軽い量の炭素繊維)と機能(数を数える構造)の配置を選択して使用してから、計略の流線の外形設計と、すべて造型と機能の並行するアイデアの傑作で。

RICHARDMILLE変身