2015年、ブランドの誕生260周年を祝うため、バセロン・コンスタンチンは芸術の大家のシリーズのポップダウンでひとそろいの12基のArca置き時計を出しました。置き時計のデザインはブランドの1933年の1モデルの骨董の置き時計を霊感にして、しかし搭載して自主的に製造する全く新しいチップを研究開発して、配備して機能を貯蓄する不変な動力系統と30日の動力があります。毎月一回が置き時計の上で鎖のため時鎖の鍵を使って、更に古色ただよっていて、元の風味そのままのと感じます。チップは4層に分けて、最も下は2つのぜんまいの箱で、最も上方は並べるために空中に垂れる糸に順番に当たって、時分針は第3層に位置して、それから充電器の部分が間近でまた(まだ)小さい秒針が設置されていて、重なり合って、かなり備えて美感を建てます。

置き時計は設計させられて12種類のために風格を飾って、その中の8モデルの時計の殻は透明な水晶から製造してなって、これは水晶の鉱石を1を通じて(通って)、500度の高温は溶けて、それからひとつの3キログラム重の水晶グロックを凝縮して、また切断して磨き上げます。その他に4モデルの時計の殻は天然の水晶を採用して、鉱石の原始の筋模様が現れて、しかし探すのがこのような天然の水晶の難度まで(に)極めて大きくて、そのためもとりわけ稀有で貴重です。

水晶の精密なワシに対して細く磨くを除いて、置き時計の目盛りの輪と充電器はまた(まだ)大きい見える火のエナメルと機械を足して彫りを刻んで技術を飾ります。チップから外観まで(に)、至る所にバセロン・コンスタンチンの製品の品質がはっきりと現れて絶対に保証があります。

バセロン・コンスタンチンMetiers d’Art芸術の大家Arca置き時計