Première Flying Tourbillonフローティング陀はずみ車は巧みで完璧に完璧に結び付けたの表を作成してと高級な真珠や宝石詩情の代表に傑出していますと。18Kプラチナで殻を表してと閉じ込める228粒のダイヤモンド(共に7.7カラットぐらい)を表しを象眼するのが輝いていて、Premièreシリーズの簡潔な線を引き立たせだします。周知のように、その外形の霊感は芳からとって広場の幾何学名のシャネルの5番の香水の瓶の栓に登りますと。

でも、風格の幾何学ののこの真珠や宝石の腕時計のデザインの2つの方面を独特なものとして持ってすべて見ることができました。中央の時計からだの上方は黒色の陶磁器の時計の文字盤の表す小屋をめぐるのです。斜めにはっきりしているの辺を切削して、腕時計に活力と光沢を加えました。2層の表す殻の構造も宝石にたくさん恐らく創造を象眼しました。殻の下半部分を表して垂直の長方形の長い階段の台形のダイヤモンドを象眼することができて、角は一部は四角形でダイヤモンドを切断して飾りを添えて、小屋の側面を表して円を象眼してあけることができます。あるいは、小屋を表して長い階段の台形のダイヤモンドを象眼することができて、あるいはダイヤモンドでその他の宝石の装飾によく合って、それらの煌びやかで美しい光芒を混合しに来て、全く新しい調和がとれている組合せを創造します。各種の形式が組み合わせと組み合わせるのはほとんど尽きることがありません。殻へりを表していて、大きいサイズの表す冠も長い階段の台形を象眼してダイヤモンドと円を切断してあけます。

心をこめて彫り刻む真珠や宝石はきらきら光る光芒を放射しだして、時計の文字盤の上に回転する花彫を際立たせだします。このフローティング陀はずみ車はツバキの図案で現れて、入り組む花弁は金属のセイコーで製造して、ラインストーンの中心は半透明ので細い孔のグリッドから包囲して、更に花のか弱い質感を下に敷きだします。この空には漂ってくるツバキの毎分回転する一サークル、回す花弁は毎秒の経過を表示します。中央の時計の針と分針からそれて黒色の時計の文字盤の上方に置いて、同様にラインストーンが飾るです。ダイヤモンドのサイズと非常に細い黄金のポインター、このような技術の自身決して簡単なことでないをの考慮に入れます。

これは1件の高級な真珠や宝石なだけではなくて、同時に1モデルのトップクラスの腕時計です。この詩情はまた神秘的なツバキは実はフローティング陀はずみ車です。腕時計の調節の構造(つまりエスケープを含みますが、車輪と空中に垂れる糸)を並べて、しかし行っていないで橋を表すため、その骨組みまるで無重力状態になる普通しかし自由回転。これとAudemarsPiguet愛彼高新研究開発基地Renaud&Papi(APRP)のスイスの職人、技師と表を作成する師達の共同で開発する腕時計は一つの天然自然の物より勝る作品に恥じません。

Première Flying Tourbillonフローティング陀はずみ車の登場に頼って、シャネルは女性に1モデルの本当にの複雑な多機能の機械を差し上げて表して、だからそれが風格の方法と明滅する詩情を独特なものとして持って共存することができると証明します。

Chanel:表を作成して真珠や宝石に出会います