実は本当に石英の時計を言って、恐らくやはり(それとも)スイス人を入れて先にいじくり回してくる。1960年代初期に、ロレックス、オメガ、パテック・フィリップ、ロンジン、万国、ジャガー・ルクルトなどのブランドは出資してCEH(電子時計センター)を創立して、石英の時計を共同に研究開発します。これらの業の内で有名な名前はふだんすべてそれぞれ勝手にふるまうので、今回はなんといっしょに石英の時計を研究開発して、やはり(それとも)とても石英の時計のこのような新興の製品を重視すると説明します。

最も早く研究開発しだす石英のチップはBeta1と命名して、それからまたBeta1の基礎の上でBeta2を研究開発してきた。この2つの石英のチップはすべて成熟しないで、Beta21チップの登場に至って、やっとスイスの産する石英のチップが比較的熟成していきを示します。

その時Beta21チップはただ6000匹だけして、ロレックスはオメガとすべて1970年にBeta21チップを採用する石英の時計を出して、しかしすでにセイコーに先行チャンスを占拠させられました。1969年12月25日、セイコーは世界の上座の石英の時計Astronを出します。

スイスのブランドは数年前研究開発がBeta1を出す、しかし正式が市場で上ですでにBeta1チップの腕時計を搭載して、それからBeta21チップの腕時計を採用して市場を出した後にまたセイコーの少し遅くて、だから、むしゃくしゃするスイスに比べて石英の時計の発明者のこのあざやかに輝いて明るく美しい称号を拱手の礼をしてセイコーにあげる出したが。実際には、セイコーで真っ先に正式に石英の時計にこのようなが述べるように出して恐らく更に適切です。

むしゃくしゃするスイスは表します