今みんなは“エナメル”のこのような材質に対してよく知らなくありませんて、芸術品を除いて、真珠や宝石と腕時計の作品上だんだん多くなるブランドでエナメルを試みるのを始めます。“エナメル”の英文は“enamel”といって、聞くところによると中国語のこの2つの字は中国で古代の西域の地名の“菻にふく”の発音に源を発するので、それが最初にペルシアの原因に起源するためです。

エナメルの腕時計の価格はよく普通でなくて、このような技術が円熟の域に対してほど良くておよび職人の自身きわめてずば抜けている技巧と豊富な経験を持ちを掌握しなければならないにのあります。専門家について資本が謎を深く表すと、もしも1匹の時計の時計の文字盤の光沢度がとても良いのを見て、また決してカラーではなくなく、それがあっさりしているエナメルの盤面が可能性が高いです。多くのブランドは今すべて“大きい見える火のエナメル”を採用して、このような技術がなぜかというとめったになくて腕時計の価値を倍倍にならせます。それは過程でベーキングで、同一のエナメルの上で何度も色を塗ってまたベーキングで冷却して、ほとんど3回繰り返して本当に達するのがようやく完璧に標準的なことができます。あっさりしている色のエナメル、ほんの少しの小さいほころびはすべてとても明らかで、特に黒色のエナメル、合格率はきわめて低くて、価格の高い数量も少なく当然な事でした。

千の万金にも代え難くてはなやかな超美のエナメルの良い時計