手動で鎖に行って文字通りで、機械の構造の外部から機械に対して必ず人手に鎖動作を行ってチップのために運動エネルギーを補充するのを表しを借りなければならなくて、助けは数種類ぜんまいのしっかり付ける構造のよくあるを回します:

1/冠の上で鎖を表すから

直接鎖を回すのがチップの発展の時計の冠がチップのため上から現在のところの機械が最も普及させる手動の上で鎖の方法を表すのです。

2/鎖の道具に助けを借ります

初期冠を表してまた(まだ)発明していない時、多い以上の鎖の鍵はモデルを表して鎖に行きを助けて、現代部サブリストのモデルもぜんまいの箱の蓄積エネルギーの容量の需要のため、上鎖の道具を通してやはり鎖のスピードを加速してチップの上でになりを助けなければならなくて、例えばランゲは31日の運動エネルギーLange31とハンカチの瑪の強い尼の特殊な構造設計Bugattiなどを持ってモデルを表します。

3/特殊な上に鎖設計

少数がモデルを表すのは伝統を採用して冠の構造を表すのではなくて、超過の道具が決して鎖を助けるのがも必要でなくて、駆動の上で鎖の歯車の構造を改めて設計するので、例えば単独で表を作成する師のブランドRomainGauthier所属Prestige表しますモデルキャンセルした表す冠変えると歯車同様に呈するレベル順列の円盤の構造そして、置いた腕時計の底かぶせる。アテネの奇想係のリストのモデルもチップの構造が特殊なため、回転を通して殻を表した後に底はモデルをかぶせて表すになって鎖に行きます。

自動的に鎖のチップに行って搭載する1組が続けてぜんまいの箱のが自動的に鎖状構造に行くまで(に)動くことができるのがあって、つける時手部動作を通して自動的に陀を並べて1歩進んでぜんまいの箱に対して自分で鎖に行きを動かします。懐中時計の時期にで自動的に鎖システムに行ってすでに誕生して、腕時計が時代の自動的に鎖システムに行って20世紀初めに角度を回す有限なののが陀方法にぶつかって初めて現れて、しかる後やっと現在のところの主流の普及させる完全を研究開発しだして揺れ動いて自動的に鎖システムに行きます。自動的にその固定の位置と形式によって数種類陀の設計よくある以下を並べます:

1/中央式は陀を並べます

自動的に鎖に行くのが陀の最も普及させる形式を並べる伝統の中央の半円形が陀を並べるで、自動的に陀を並べてチップの中央で固定して、360度の最大の幅が揺れ動くことができて、そのための上で鎖の効果は思われて最も理想的で、しかし欠点はチップをしっかりかぶせてしかもチップの厚さを増加するのを遮るのです。

2/小型は陀を並べます

小型が陀を並べるのは自動チップの1つの重要な種類で、陀を並べてえこひいきの方法でチップの片側に置いて、サイズが中央式に比べて陀を並べるのは更に小さくて、全くチップの構造を妨げてしかもチップの厚さを下げることができることはでき(ありえ)ないです。

3/外縁式は陀を並べます

外縁が環状で自動的に陀を並べるのが自動的に陀設計を並べるのをチップの外縁で、中央の軸で固定的ではなくて、このような設計は振り子陀の大幅に揺れ動く優位を持っていることができて、その上陀を並べてもチップを覆うことはでき(ありえ)ないさらにチップの超過の厚さを増加するのを免れます。ここ数年来たくさんのブランドは続々と外縁式を採用して陀設計を並べて、相手のCal.が好きなことを含みます2897が自動的に鎖のチップ、ブレゲ、伯爵、ジャガー・ルクルト、カルティエと宝の齊莱などのブランドに行ってすべて鎖に外縁式の上で陀のの自動チップを並べるように出しがいます。

4/急激につるつるなグロックの分銅

円運動の直線のつるつるなグロックの分銅が自動的に鎖状構造の中できわめて珍しい特殊な形式に行くのためだ大部分と異なって、このような構造の中、上で鎖はの分銅つめの歯の軌道がある上に運行、そしてで減速して順番に当たって1歩進んでぜんまいの箱の上で鎖、線形の鎖の方法をまっすぐにする上に対しても時計の面白い視覚効果を提供したのをつなぎます。近代これらが鎖システムの有名なタイ格HOYAのMonacoV4概念に行って表で、海瑞とウィンストンTourbillon Glissièreと昆侖金橋が表しを使いました。

上鎖の種類