一家団らんが幸せで円満です
喜びに心が弾みます

同様にアラビア数字の8に対してきわめて深いコンプレックスのがあるのがジャークの独ルーマニア(JaquetDroz)で、尊大な秒針(GrandeSeconde)のシリーズの誕生から、大きさの2つのトーラスの構成する8の字の時計の文字盤からすでにブランドの標識になって、毎年でも古きを退けて新しきを出して、多くて富むアイデアの新型を発表します。今年2018年、ちょうど280周年ジャークの独ルーマニアに会って、8の製品に関して自然とまた多種多様でで、八方美人でした。

でも以前の8ほぼ男性表しに用いて、2013年まで優雅な8の(Lady8)のシリーズは出して、やっと初めて8を女性に着いて表しに運用します。でも、今回の8のイメージは時計の文字盤で現れるのではなくて、2つの大きさの一様でない円形を高く備えて巧みな構想・考案以上の下で小屋を表して現れるので、線は優美で優雅です。

次にの表す小屋は頃皿で、上の表す小屋は下の時計の文字盤の材質と互いに呼応して、ひとつのが回す円球のことができるので、8象徴する尽きることがなくて首尾良い意味と当てはまっていて、時間のに流れるのがまるで更にやさしくなってこさせます。造型が独特だを除いて、高級の真珠や宝石の腕時計のシリーズとして、盤面の材質は運用しても技術が独自の境地に至っていて、、密にダイヤモンドを埋め込みする砂金石、太陽の石、黒いジルコン、真珠の雌の貝があります……待ちます。最初出す優雅な8のシリーズの腕時計は35ミリメートルの直径を採用して殻を表して、搭載する機械のチップはとても68時間の動力を提供して貯蓄する誠意があって、これは女性の表裏で比較的長い動力だと言えました。しかし今年バーゼルは展を表して、また直径の25ミリメートルの小さいサイズLady8Petite腕時計を出して、同様に機械的なチップを搭載して、しかしサイズが小さいため、ぜんまいの箱はひとつの少なくなって、38時間しかない動力は貯蓄します。

取り上げる価値があったのは、このシリーズは自動メカニズムの時計のモデルを持ちがまだいて、上方の円球に位置して1つの自動スイッチのことができる蓮の花になって、押さえつけて殻の2時の位置の押しボタンを表して、蓮の花はゆっくりと開放して、ダイヤモンドの蕊が現れて、何秒後にまただんだん閉じて合わせます。

このような1枚の腕時計を付けて、どなたのレディースの心は使って引き続き満開になることはでき(ありえ)ないですか?

同様にアラビア数字の8に対してきわめて深いコンプレックスのがあるのがジャークの独ルーマニア