Tribute to Mimi腕時計はMimiBucherer―Heebに宝の齊莱挨拶する1匹の腕時計で、Mimiは表を作成する商CarlEduardBuchererに嫁いだだけではなくて、かつ1名のすばらしいファッションのデザイナーで、何度も自分の設計を運用してその時の潮流を導きました。彼女は心から愛してアクセサリーの同じ腕時計に似ていて、TributetoMimiは昔を懐かしむ流行の“ゲーテの風格”のが改めて演繹するのに対して、これもMimiの生前たいへんつけることが好きな腕時計です。それは1920年のつくる骨董のチップを搭載して、18Kプラチナは殻を表して時計の鎖上でとそれぞれ108粒と420粒のダイヤモンドを象眼して、酒の桶の造型はよく合ってしかも変形した12目盛りの数字を大きくして、外形からただ見だけに来て、昔を懐かしんで思う“その年代まで帰る”のがあります。

宝の齊莱(CarlF.Bucherer)Tribute to Mimi限定版のレディースファッションの腕時計