スイス制表王国の天下で、人々の審美とペアウォッチの各種の判断はたいへんスイスの表したのを受けて形を作って、周囲の表しを見てみて友達に迷うことができるのを信じないで、恐らく十中八九つけたのはすべてスイスが表すのです。

時計をつける人もすべて知っていて、このようなで状況で、もしも、関心まで(に)みごとに多く甚だしきに至ってはまた(まだ)人を驚くことができるの1つのアジアのブランドがあって、確実にたいへん容易ではない事1件です。1つの日本は表して、その名前あなたもしかするとよく知っているの、あなた恐らくよく知らない――冠の青の獅子をやり遂げました。

冠の青い獅子は誰ですか?先に急ぎでないでください、それは“大きいセイコー”、正式名称GrandSeikoという1つの人となりの熟知するニックネームがあります。先に専門家の評論を聞いて、これを調べてみるのは1つのたぐいのひどい目の役です。

丁の先生に向っては言ったことがあります:大きいセイコーの“正確だ”はとっくに世界的に有名で、多く言う必要はなくて、しかし時計のプレーヤーにとって、同様に人のにまた(まだ)それの大いに異なるスイスの伝統の高級な時計の審美詣趣にあるように引きつけます。日本式伝統の美学の多い振る舞いの手法の中で、対米の最も深いのが悟ってつやがある影が変えるのに勝るものはないで、もしこれは誠の谷崎潤一郎は言った:“米が物と物の発生する茂っている波紋と明暗の交替する中に存在する”。

振りかえって前世紀60~70年代大きいセイコーの初期過程に発展します:1960年の最初の試験のなく音から、1964年まで世間に現れる2世代の目の“Self―dater”、また1967年まで登場する“44GS”、その外観の造型は最初から単にスイスの高級の腕時計をまねて、1歩進んで日本本土設計の理念をその中に溶け込んで、そしてだんだん自分の独特な風格を確立します――それはつまり線を作り上げる、を通じて(通って)切断面を為替で送ってつやがある影の米が現れに来を渡して、同時に完璧なのを作って読む時明瞭度。また近代的で大きいセイコーの何モデルもの代表作品を見て、依然として独自の旗印を掲げる“多い切断面の造型の時に標識とポインター”、“融合急激に、平面と2次曲面の時計の殻”と“Zaratsu”のといし車に頼って投げて法と“刀の刃が売り払う”の技巧をつぶすので、上述の特徴を発揮するのが詳しく徹底的です。

大きいセイコーのポインターのすごい場所はあって、それが大きくした後にをまったく1枚の鋭利な武器です。

Cデビューするアジアが表すのはそれです