ある人は聞いて、どうして天文台の認証する腕時計を通して幸運だやはり(それとも)精密ではなくて正確ですか?天文台が認証してなぞらえ似せていて静態の環境の下で行うのをテストするため、現実の環境とある程度区別します。そのため誤差の範囲ただ1つの理論値、実際の環境とつけるのと一定ギャップが存在するのに慣れて、またこれに加えてその他の原因の影響、幸運な誤差結果が恐らく理論の範囲と一致しません。

腕時計は誤差の原因が3つの部分に分けることができるのが現れて、1つ目は一部は腕時計自身の原因です。高精の正確な度のチップを採用するかどうか、内部の部品は磁気を帯びるかどうか、自動的に陀などの部品はゆとりがあって故障を起こします。

2つ目は一部は環境の原因です。温度の変化は腕時計の内部の部品の間のが慣らし運転するの変化が発生して、同時にペアウォッチの油(脂)の粘着度も一定影響があって、それによって摩擦力の発生変えて、エネルギーに揺れ動きと周期を揺るがしに影響します。磁場はチップの部品のもたらす磁化の妨害に対して、幸運で加速します。

3つ目は一部はつける者の自身の原因です。位置の不一致もたらす影響、つける者の長座する運動量に面してに不足するのをのレイアウトするため動力を得ることができなくて、あるいは長期にわたり腕時計を鎖に遊ばせておいていけないで止まっていきを招いて、定期的に保養して油(脂)を表し干上がっているのがなくて、様々な原因はでも腕時計いくらかの誤差が発生します。

どうして誤差が現れるのがですか?