2016年、スウォッチの33歳。1983年、スウォッチの腕時計の登場はずっと待ち望んでいる業界の新入生を行いを見られます。33歳、本当に殊勝にまた敬服する年齢に値します。しかし、正しく上述が評価するのを理解したくて、また(まだ)その特定の時代までさかのぼらなければなりません。1977年~1983年間、スイスは輸出額を表して半分暴落して、全世界の市場占有率も43%から15%まで下がって、ここから招く後の結果は同一の時期に表を作成する業の持ち場が急激に(を90減らすので、000~40、000の個)。Swatch(スウォッチ)――Swiss(スイス)とWatch(時計)の略語式――現れたのはちょうど頃合いです。

GN701プラスチックの材質の腕時計はMarlyseSchmidとBernardMuller設計から、その成功はマーケティングの天才のニコラス・G・海耶克によります。後者はすでに明らかに研究者ElmarMockとJacquesMullerの開発する初原型の全部の潜在力を感じました。1981年、スウォッチの登録商標。翌年、ブランドが開くのが冒険的で、米国で第1世代のスウォッチの腕時計を発表します――たいへんおもしろい腕時計、すばらしい設計、再び20グラムだけ、30メートル水を防ぎます。腕時計はまねてもし渾然一体となって、実はPlexiglasガラスは超音波ボンディングを通じて(通って)成型する高の摩擦に強いプラスチックに溶解プラスチックを型に流し込んで殻の上表したのを受け取るのです。搭載するチップを表して共に51の部品を含んで、直接作り上げて殻の上で表していて、全体の分割してはいけない一部分になります。多様な変化、合理的な価格ライン、スイスの製造する堅固さ性、スウォッチのために注目させる業績を勝ち取りました。ちょうど80年代時宜の消費者の駆動型の20世紀に会って、これらの腕時計にスポット・ライトの下で置かせられて、収集家の愛顧を受けて、この腕時計の持続的に親切なのについてもなって探求する販売モデルに値します。

スウォッチ:理性の時代