中産階級にとって、ロレックスは実はひとつのが信用できて勤勉かつ誠実なシンボルに両方に配慮を加えるのです。前世紀の90年代の時にストーリがあって、1人の有名な圧縮コストの専門家のロペスがいて、ひとつのがまじめなこのようながあります:もしも彼のチームに入って、第1件の事は1匹のロレックスを得ます。彼はまた(まだ)従業員に時計を左手首で必ずつけなければならないように求めて、意味はみんなは必ず時間を守らなければなりません。

多い巿場のマーケティングおよび、と伝奇的なストーリの中で、ロレックスはシンボルになったのを始めて、努力して換えてきたのが派手なことができるのです。

風雲の変色する時計界で、ロレックスのリズムも絶えず加速していて、でもこのブランドはまだ自分の信条によってです:実用性が優先します。だからもしも1本の10万以上の腕時計を買って、第一選択恐らく依然としてロレックス、それがすでになってすべての腕時計の標準を評価したためです。

この連繋種の口GMTは売り出す新作がもありますか?

GMTMasterはもともと人気発売のデザインで、売り出す新作があることができ(ありえ)るかを評価して、このような憶測、最多で人気発売の現況から見に来ることしかできません。これは最初大いに売る赤い青にさかのぼって閉じ込めて、その後赤くて黒い周の出現の80年代での中後期、通し番号の16760、とても人気があります。続々との、陶磁器の閉じ込めるGMTMaster、単に黒い陶磁器の、敬愛されて、当然で巨視的に見て、最も人気でやはり(それとも)すばらしい赤い青はGMTMasterを閉じ込めます。

ロレックスは2019年に新作は推測しますか?

してすべて自由奔放なことを予想して、さまざまな特別なデザインのネット上で当てる人がたくさんです。しかし2019年のは確かにとてもおもしろくて、ロレックスの更新するべきなデザインがすべてすでに更新したため、その上更新する時間はすべて長くありません。だから2019年にみんなは1つの比較的特殊なデザイン、例えば王子のシリーズ(Prince)を期待することができます。もしも王子は今日に生んで、恐らく彼の境遇がずっといくて、して帰って本当に人のひざまずいてぬかずく王子を受けました。

ちょっとお聞きしますが、ロレックスの中でどのようにいつも導いて持つ価格を通して何度も新高値を更新するようで、オークション価格の記録保持者の通常はすべてこのモデルで、あなたはSkydwellerは來が後の者が先の者を追い越していると思いますか?

導いて持つ歴史を通すすでにとても悠久になって、この需要はSkydwellerこれが取引先群体に対して比較的的確な製品を備えて比較することができるのではなくて、もちろん近年よく売れてきて、しかし謎と時計の謎の心に働く中でやはり(それとも)取って代わることができませんでした。

ロレックスが導くのは1年を持つ生産高を通すいくらですか?

ロレックスはこれまで総生産量を公表しないで、だから導くに関して持つ生産高を通すのがずっとひとつのが論点を求めるのです。人情と道理以内の分析を少し総括して、大概は5万5000~5万6000左右、最多で6万を上回ることはでき(ありえ)ないです。導いて通して恐らく3万5000~4万左右中の鋼の導く生産高間を持ちます。ロレックスが全世界それでは多販売所にありにとって、その見積もるのはとても小さくなりました。

ロレックスの生活は士型を貼ります

ロレックスに関してどこで最も割りに合うこれらの問題が小屋を表していてずっと自慢げに話しを買って、たくさん友達を表して“1度の苦労で永久に楽をする”の途中で表して、一本のロレックスの宝典が欠けて、しかし実は少し細く考えて、容易に解答のを知っています。

プラチナの金の普通な日誌型がどこに買うのが比較的安いですか?

普通に低い税率の国家と地区で比較的安くて、しかし最近のため為替相場変動は比較的大きくて、だから友達達を表して出す前に注意深く少し計算して、自ら買いを提案して、第3者を通じて(通って)買わないでください。

一体今日のロレックスを成し遂げたどんなの原因があるのです