GrandSeiko最初の印象について世の中の上でその伝説に関して正に生まれるです。

時計は最も基礎の機能は幸運なことに勝るものはありません。華山論剣に似ているのが普通で、スイスの時計のメーカー達も幸運な精度上高下に分かれていたいです。科学を発表して結果の公立機関の“天文台”を観察して自然と裁決する役を引き受けることができました。スイスの天文の台中、最も有名なのは1792年の創立するジュネーブの天文の台和の1858年の創立するネサットのタイ爾天文台に勝るものはありません。

一社の天文台ごとにそれぞれに相応する規則によって異なる時計のブランドの選抜推薦する時計に対して採点をテストするのを行いができて、そして位置します。

GrandSeikoは1960年に日本Seiko出すシリーズで、当時Seikoセイコーの最高級の腕時計です。1963年、GrandSeikoは日本の時計のブランドの代表として初めてスイスのネサットのタイ爾天文台の競技に参加します。大敗して帰って、ただ第144名と第153名だけをもらいました。

1968年まで着いて、すべて変えました。

このスイスのネサットのタイ爾天文台は突然競技が中止するのを宣言します!このはるかな海を越えていった日本のブランドがなんと急に第2をため、第4、第8名がすべて押さえてあげた、試合の結果は2年目までやっと大胆に公開します。顧及国家とブランドのメンツのため、納薩泰爾天文台が最後に“共倒れになる”の方法を選んで100年余りの競技に続いたのを終えます。

そこでGrandSeikoはジュネーブ天文台の競技に転戦します。納薩泰爾天文台の試合の悲劇を再演するのためを免れる、スイス人は方法を始めました。その時Seikoがスイスの試合のをもらったのは機械が表すので、スイスジュネーブ天文台は試合の規則を変えて、石英の時計と機械に表して1組の試合に置くことができますと。石英の時計は先天性の優位(振動周波数が高い)のため、だから機械に比べて必ず表すでしょうのが更に精密で正確です。これで2人の競技用の自転車を譲るようで、一人で自転車に乗って、ところがもう一つのは個人は自動車を運転します。最後の結果に試合するがのがスイスCEH電子時計センターの石英の時計Beta21が上位3名をもらったので、しかし第4~第10名はすべて日本Seikoの機械の時計です。

GrandSeikoジュネーブで獲得した58.19分の上回っていったすべての記録する。もしも変えてネサットのタイ爾天文台の採点基準になって、得点は1.33で、同様に歴史を更新して記録するです。

他の人を打ち負かすのが難しくなくて、難しいはの自分を打ち負かすのです。1969年12月25日、世界の初の石英の腕時計の“QuartzAstron”はSeikoから東京で出して、史上かつてないきんでている性能に現れ出ます。月あたりの誤差は5秒以内にあって、その時のいかなるその他の腕時計に比べて精確な100倍以上に全て要ります。

自分の発売した石英の時計に直面して、GrandSeikoは機械は表しても対抗しにくいです。1976年後に、GrandSeikoがひっそりと静まりかえっていて、出す新製品がなくて、世の中の上でその伝説に関してただ残しただけ。

1988年、GrandSeiko帰り、でも搭載したのを始めてとところが自分の石英のチップを殺してことがあります。1998年に至って、機械のチップはやっと改めてこのシリーズまで(に)搭載します。

GrandSeikoの帰って来るその年代で、“華山論剣”はすでに再度出現しませんでした。甚だしきに至っては時間が腕時計最も重要ではない機能になったのを見ます。2010年前に、復興の後GrandSeikoも日本と少数地区でただ発売するだけ、機会に接触することができるのが多くありません。

GrandSeikoは控えめを思いません