2018年、ロジャーとヤマナシは相手は協力でとても蘭博基尼(Lamborghini)を走ってExcalibur Aventador Sシリーズの腕時計を出して、チップは二本づり振り子の車輪を搭載して、サイドオープンの構造の中央はまた(まだ)1つのエンジンがぐらいをかぶせるのになりを製造させられます。

2019年に協力で継続して、今回は蘭博基尼のもう一つの旗艦がとてもHuracán Performanteを走りを霊感にして、Excalibur Huracán Performante腕時計を製造して、最も人の注目を引いたのはチップが配備して傾くの12度の並べる車輪です。それ以外に、打ち立てるとしてとても車体の常用するいくらの6角の形を走って、各種で手法を変形して腕時計上で現れて、特にエンジン室ドローバーと6角の形のエアホーンの格の柵の設計を象徴します。このうわべの冠は製造するにとても車輪のナットを走られて、サイドオープンの橋板は燃料タンクが迷惑をかけるのと板を流しを造型にして、自動的に鎖に行って陀を並べても車輪のリムをまねます。最後、チタンのグレーの上塗りはシンボル的な明るい黄色によく合って、科学技術を思ってとスピードが思って一体にならせます。

ロジャーとヤマナシの相手のExcalibur Huracán Performante腕時計