2018年から10日まで終わらないで、各業種のそれぞれ大きい公衆号は次々と関係する2018年の総括を出して、五味の様々な陳、事の次第は自分が一番よく分かり、時計の業界も例外でありません。

2018年の時計業に対して、私達は2つの字を総括しました――変奏。

“変奏”の2字について、みんなの思い付いた意味は多種の方法で1つのテーマが現れるので、形のばらばらな神はなくならなくて、私達はこのような変奏をびくびくすると呼んで変わります。私達の今日言った変奏はびくびくしないでではなくて、本当に味が変わったので、その形式が異なって、初志も残念ながらに取り替えてしまってあげます。

時計業の変奏曲