今年、康斯は研究開発がおして自分のチップの万年暦の腕時計を告発するのに登って、完璧に新しい機械の表を作成する領域を投じます。康斯が全く新しいFC―775万カレンダーに登るのはチップを自製する総監督Manuel Da SilvaMatosと技術の総監督PimKoeslagの最新の成果を研究開発するので、全体の研究開発の過程は時の2年つぶして、康斯から表を作成する師に登ってPlan―les―Ouates工場で完成するのを生産して組み立てます。

ステンレスあるいはステンレスのバラの金PVDは殻の直径の42ミリメートルを表して、サファイアの水晶の鏡映面を配備してと底、防水の深さの30メートルを表します。皿は銀色あるいは青いのをじかに手渡して、棒の形を飾る時表示して、時殻の色を表示して表してつり合っていて掛けます。

康斯の自制に登るFC―775チップの宝石数の26粒、しきりに奮い立って28800回/時間(4ヘルツ)、動力は38時間保存します。チップは真珠を飾って少し丸くて紋様と円形のジュネーブの波紋を磨き上げます。備える時分秒、期日、週、月、月相の損益と4人の数字の年度の表示機能。

この腕時計は1条の茶褐色あるいはダークブルーのワニの皮バンドを持って、金属の折り畳み式によく合ってボタンを表して、そして木質の贈り物の箱に連れ立っていっしょに発売します。

康斯は登って自分のチップの万年暦の腕時計を出します