ジュネーブの時計展の現場のすべてのブランドの展示館もすべて異なる風格があって、RICHARDMILLEホールは絶対にその中の1本の美しい景色で、入り乱れている色と巨大なキャンディの装飾を通じて(通って)ホールを美味しいの、大胆にまたかわいい世界にひとつのなりました。

今年RMは風を描いて大いに変わって、新しく出すBONBONシリーズの腕時計、ブランドの共同運営者からの娘CトcileGuenatが刀を使うの設計する作品で、レイシ、青のイチゴ、紙の杯のケーキ、綿の砂糖を少女の心を連れています……すべて腕時計の作品のテーマになって、その上色香を腕時計に溶け込んで、たとえばの漆面、彫刻、サイドオープンの技巧などの技術の手段を使って、おいしい食べ物のキャンディの生きている果物を演繹しだして、一モデルごとにすべて人の目がくらむ神の謎の色に視覚と体験させるのが現れていて、とても面白おかしくてかわいいです。

RICHARDMILLEホールは絶対にその中の1本の美しい景色