1837年にのエルメスを創立して騎馬用具を作るやり始めて、ブランドが180年の歴史を上回る中にずっと馬と密接な関係にあって、今日に至って、エルメスは依然として鞍、ムチなどの騎馬用具を生産します。馬の元素もずっと繰り返しブランドの作品中でバッグからスカーフ、ネクタイから腕時計まで(に)、が現れます。

ブランドの腕時計の中にArceauシリーズがあって、円形は殻を表して両端を上り下りして2つの弧度があるアシンメトリーのアーチ型耳を表して、霊感を設計してあぶみから来ました。もう一つの腕時計のシリーズDressage、更に直接馬術のスポーツの中“馬場馬術”を採用するのが名称です。当然で、ブランドは更にエナメルの彩色上絵の技術を利用して、絶えず各種ウマと馬術の図案を盤面に運びます。すでにこれぐらいの“ストップ・ウォッチ”があったが、また多い1モデルもオーバーではないようです。

今年のエルメスとデザイナーIni Archibong協力、Galop d’Hermèsシリーズを出して、造型を表すのはまるであぶみです。腕時計は精巧で簡単で、しかし細部はとても豊富です。まず殻を表すのが狭い下に広い形ため、そのためアラビア数字の時に表示するのも上から下までゆっくりと大きくなるで、その上これらのアラビア数字はついでに書き込んだのだと感じて、幅の太さがそれぞれ異なっていて、いくつか子供の心に付いています。2層の時計の文字盤、内部の時計の文字盤は少し低くて、盤面がつるつるしていて、外部の時計の文字盤は少し高くて、麦の粒のしわに付いています。上下穿係の腕時計のバンドの方法設計が異なって、最後の眼の玉を書き入れるペンは6時の位置の表す冠に落ちて、そんなことはなくて破壊して左右対称のつり合わせる美感を表します。

殻のサイズの40.8×26ミリメートルを表して、材質はバラの金あるいはステンレスがあって、ラインストーンあるいはラインストーンでないによく合って、およびいろいろで豊富な腕時計のバンド、20数モデル作りだして容貌に変わります。石英のチップを搭載して、頃に表示するしかなくて、とても簡単です。しかし考えてみて、あれらの入るエルメス専売店の買う高い婦達にとって、このように実はすぐ足りて、違いますか?

売価がステンレスはラインストーンのバージョンの3000ユーロがバラの金のラインストーンのバージョンの12800ユーロに着かないから等しくありません。

エルメスHermès Galop d’Hermèsシリーズ