アテネは表して力を出していて、これっぽっちは質疑する必要はなくて、特に私が今回アテネ工場に行った後に体は更に明らかです。比較的面白い1つの細部は、私はちょうど現場でSKELETON XとFreak Xのデザイナーを見ました。アテネの表す設計の流れが基本的で、1ブロックリストは1両のデザイナーの完成(から多少ブランドのから初歩的な考えのデザイナーに任せる実現があるので、一部がまだあるのはデザイナーの自分のアイデア)で、だからペアウォッチのが力を掌握するのがやはり(それとも)とても強いです。

今日ウサギの主なおしたのはSKELETON X(サイドオープンX腕時計)で、Xこの字母もアテネを貫いて年間を表すでしょう、それが冒険的だだ、内心の向かう所だ、物事と禁忌を知らないのだ、大胆に激情のシンボルと。

サイドオープンX腕時計は設計の時、自身の丈夫さあるいは震災を防ぐ性の前提に影響しない下に考慮して、最大の努力を尽くしてできるだけ多い部分を取り除いて、最後に1つの“透明だ”のチップを作り上げて、もちろんそれは必ずずいぶん美しくなければなりません。

その他に、今年1つの特色があって、ブランドは技巧が現れる同時に、たいへん抑えて、できるだけ腕時計のサイズを増加しないで、このようにやっと“日常つける”の更に近い1歩から、実用性を増加します。だからサイドオープンX腕時計は改めて設計を通って、直径の42ミリメートルを選んで殻を表して、腕時計の内部の透かし彫りの設計はFreak Visionが珍しく独創的な見解の腕時計の多くの項目を考えて設計を革新するのを再現しました:特大でとても軽いケイ素の質は車輪、ニッケルの重さグロックと自動調節の小型の薄片を並べます。

現在のところの透かし彫りのX腕時計は4モデルの選択可があります:シルクの青いチタン金属、シルクの黒色のチタン金属、声がかれてつやがある炭素の金(Carbonium Gold)の複合材料以外、シルクのバラの金もある。ウサギは慣れてバラの金のモデルみんなにひとつ経験します。

このシリーズの12.8万スタート、私の手はバラの金ためこれに行って、価格は少し高いのができます。

アテネ:透かし彫りは目をまぶしく刺します