エルメスは第2回がSIHHに参加するので、作品は独特性、芸術性を強調して、毎年エルメスにすべて1つの年度のテーマがあって、今年は“夢”です。

エルメスは発表会の上で人々のとてもよく知っているひと言を使いました:“Headin the stars, feet on the ground. ”多くの作品は月、星空を核心にします。

今回のエルメスは協力して1人の米国のデザイナー、35歳のIniArchibong、ローザンヌ設計学院は卒業します。

エルメスは騎馬用具に起源して、今のところエルメスのハンドバックの既製服は各種の霊感の源を持って、しっかりもう騎馬用具をめぐりなくて、今年デザイナーはかえって腕時計の中で源にさかのぼります。

1モデルの簡潔な新しい作品は人に一度目を通したら忘れなくならせて、名前はGalopd’Hermニsを行うと言って、見たところ1枚のあぶみで、本当に家のブランドは永遠に思い付くことはでき(ありえ)なくないでください。

鋭い角をマイナスして、ただなめらかな円弧だけを残して、線形、動感、光線の激しい変化を流します……この“あぶみ”は少し美しいです。

漸進式の数字の大きさ順列、下のちょうど中央から最大の数字、両側へ向上して次第に発展を縮小して、空間を創造して感を透視します。6時の位置の表す冠、全体のためにつりあいがとれていてバランスが取れている効果を創造します。

時計の文字盤は異なる材質と色に分けて、腕時計のバンドも多種に分けます。事細かに観察して、容易に“つやがある”の微妙なやさしさの感情に対してデザイナーを感じます。このシリーズはラインストーンでないとのと違いラインストーン型に分けます。

私は最も女性美のを備えるのがこれ1枚だと感じて、銀色の粒の紋様の時計の文字盤、オパール光沢センター、ピンクは移してアラビア数字、濃い灰色の外で枠、金色のポインターを印刷します。

殻のバラの金のラインストーンを表して、腕時計のバンドは明るい面の短いキッスのワニのサメ皮で、宝石の青、炭に分けて真っ赤で、ダークパープル、グレーあるいは黒色に似ています。

その中が最も女性の法式を表現することができるのが優雅で、また濃厚な情熱のを兼備するのが炭火が赤くなるで、あたかも1筋の赤い唇のようです。

HERMESエルメスのただ1つのあぶみ