SIHHの中の大衆の多重リストのモデルの中で、カルティエは今年出したのは70モデルの新型の腕時計を上回ります。このように大量の新型が出すのがいかなる1つのブランドにとってすべて挑戦を高く備えたのです。その中、ダイヤモンドなどの貴重な材質を採用するのは高級の思う真珠や宝石の腕時計を製造する今まですべてカルティエの“切り札”です。今年、カルティエがまた元からある基礎のテープ装てんで来て更に科学技術の思う革新性腕時計があります。カルティエの山度士のサイドオープンの夜光の腕時計、いったいこのような腕時計はやみ夜の中になんと瞳を吸い込むことができますか?それあなたを身に付けるのは夜店の最もきらめく子でした。

ダイヤモンドのサポートしたのはやはり(それとも)特殊なサイドオープン設計と夜光の材質のサポート、カルティエに明滅してきっと2019SIHH“全体が最もよける”のチャンピオン主なになります。

カルティエ―全体は最もよけます