今年エルメスのSIHHの上で出すArceauシリーズが月時間腕時計を読むのは本当に獲得して互いに称賛を渡すので、独特な機械の構造で南北の半球の月相が現れて、頃皿が期日皿と主な時計の文字盤の上でくるくる回る時、人の驚嘆する機械的な美学と芸術の美感のを完璧にとけ合わせます。

のために月相を表示して、2枚の副皿は59日の回転する1週間のスピードで必ず回さなければならなくて、しかし、この公転ので過程で、必ず自転を維持して、このように頃皿の数字の12と期日皿の数字の31を永遠にようやく時計の文字盤のまっすぐな上方に面することができて、情報を読み取りに便宜を図って、このように機械的な構造の複雑さを増加して、しかしエルメスのこの自制のチップは難点を克服しました。

月をテーマにするので、盤面は2種類の選択があって、隕石で、砂金石です。隕石の盤面の上で、2つは真珠の雌の貝の製造する大型の月で白く光って明るい光を配っていて気絶して、腕時計の名称の“月時間を読む”の類と神秘的で静寂です。上方は南半球の月相で、下は北半球の月相で、注意深く捧げて固まって上方の月、エルメスがまた(まだ)月の表面で挿し絵家Dimitri Rybaltchenko描写したのを飾って馬の図案を飛びを発見します。プラチナは殻の直径の43ミリメートルを表して、それぞれ100制限します、定価の209、000の元。

HermèsエルメスArceauシリーズは月時間の腕時計を読みます