2015年でのジュネーブの国際高級時計サロン、ハンカチの瑪の強い尼は2つ隕石の製造するTonda 1950腕時計で持ってきて、1枚の青い、1枚の黒色、このような深い色、盤面の筋模様をもっと神秘的で美しいのに見えさせます。電気めっき技術を通じて(通って)隕石のために特別な色調を与えて、これもブランドの当時の一大が突破するです。腕時計の搭載する自動的に鎖に行くチップは超薄のチップで、配備して自動的に陀を並べるえこひいきの小型があって、厚さはただ2.6ミリメートルのためだけ、そのためも腕時計の厚さも7.97ミリメートルだけあります。殻の直径の43ミリメートルを表して、チタン金属から製造して、動力は42時間保存します。定価は全て161、600の元です。

Parmigianiハンカチの瑪の強い尼Tonda 1950腕時計