Urban Jürgensenのブランドの歴史はその父にさかのぼることができますかJörgen Jürgensen。Urban当人の模範はブレゲがと亜承諾する、後からデンマーク皇室のために表を作成する師を用います。懐中時計の時代でその逸品が多くて、それからブランドは急激に低落して、最もぼろぼろになる時がぼろぼろになるのがのきわまります。近代的なJürgensenはPeter Baumbergerから掌握して、以前使うFPチップ、12年の時についに自分で作るチップを取り出しました。

その前の数日間ブランドの公式サイトは1枚の鋼を発表してスパイを持ってうつして新型に予兆を示して、今日時計のメディアMonochromeは真っ先に実物を公表しました。今回の出したのはブランドの第1モデルの豪華なスポーツが表すです。1.4441の低いニッケル鋼を採用して41ミリメートルの鋼製車体を作って、自分で作って自動的に鎖の機械のチップに行きを搭載して、時計の文字盤、針はブランドの歴史の風格をそのまま用いました。大きい3針のカレンダーのモデルとGMT2種類の選択可があって、売価は約人民元の16.4万と22.4万に別れます。

Jürgensen第一モデルの豪華なスポーツは表します