ロジャーとヤマナシは相手が2013年に1モデル出して“Excalibur Knights of the Round Table丸テーブルの騎士”の腕時計といって、その創作のインスピレーションが源を発して西方で言い伝えられているのから来ました。最近、ロジャーとヤマナシは相手は丸テーブルの騎士のこのブランドのシンボル的な時計の基礎の上で“12生まれ年”がバージョンを派生するのを出しました。

“12生まれ年”は表すのはモデル採用するのが中国の特色の微彫を更に備えて取って代わった前の西方は像を作ります。“12生まれ年”は千年をしばしば経験して、無数な伝説のストーリと歴史バージョンが発生しました。この腕時計が円明園の“12けものの第一”を選択して使用したのがプロトタイピングです。この“12生まれ年”の目盛りは像を作って依然として微彫の技術を採用して、12騎士に比較して、けもの第一の表面の細部はしわを処理していっそうよく変わりますと繁雑だ、たとえば蛇第一のうろこ、ネズミ第一の毛と髪、羊第一の角、ニワトリ第一の冠……

円明園の12けものの第一は赤銅のから鋳造して、今回のロジャーとヤマナシは相手は更にのいっそう符合する銅の材質の製作の手が殻を説明する、それがつける者の使用発生によってとと違う表面を採用して変色する効果に酸化して、古風で質朴でまだらになっている感を更に備えます。

以前は“丸テーブルの騎士”はモデルを表して、3世代の4つの細分バージョンが現れて、すべてのバージョンの生産高は最少28にあって、国内の政府の公の価格は150万~200万間に介在します。今回の“12生まれ年”の数量が最少で、個人に属して注文して作らせて、12しかなくて、売価は知りません。

ロジャーとヤマナシの相手の“12生まれ年”