新作の“アポロンの11号(日)”の50周年紀念はとても前の言うチップを除いて奪い取って、外観の上でと歴史の上の原型が表すのはほとんど一致して、原型の表す形を再現しました。異なっての、オメガはこの時計上で最新の材料技術を使いました。以下のいくつ(か)の変化があります:

1、新作の“アポロンの11号(日)”の50周年紀念がとても奪い取るのが殻、時計の鎖を表してからすべて18K金ので、オメガは新しい18K金を使って、このような金はオメガに“月光(Moonshine)”と命名させられて、このような“月光”の18K金は伝統の18K金より色が更に長い間続いて、光沢、色褪せるの(腕時計のサイズの42ミリメートル、厚い14ミリメートル)を失いにくいです。

2、新作の“アポロンの11号(日)”の50周年紀念のとても奪い取る赤色は表して赤色の陶磁器の小屋のためアップグレードを閉じ込めて、歴史の原型は使うのアルミニウムの小屋です。

オメガの新作の“アポロンの11号(日)”の50周年紀念のとても奪い取る表すのは陶磁器の小屋のためアップグレードを閉じ込めて、時表示するのは依然として黒色のオニックスで、金の殻の金の鎖はオメガの新型の“月光(Moonshine)”の18K金を使います。

新作の“アポロンの11号(日)”の50周年紀念のとても奪い取る盤面も金ので、黒色の時に表示するのはオニックスを使って作ったのです。ひっくり返って腕時計の背面を見て、とても特殊で、この時計は底でへりをかぶせて1つの地球と月の図案を描きました。意味は、地球から月まで(に)、人類に月に登るように代表します。その中の地球の図案は主に人類の月の時に登るロケット発射基地の“ケープカナベラル”で、月の図案はひとつの本当の隕石でつくったので、とても意義があって、オメガのしたのはたいへん所定の位置につきます。

今年最もヘビー級のオメガが新しく表すがのが絶対にもう1度321チップのとてもを産して奪い取りを使うので、しかしこの“アポロンの11号(日)”の50周年紀念はとても金を奪い取って表して、私は同様にとても重要だと感じて、ほかのではなくて、将来ために普通な鋼製車体の手動とてもボスの行くあの3861チップで現れる可能性が高いです。

新作の“アポロンの11号(日)”の50周年紀念とてもボス