ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)たくさん時計のシリーズが異なる機能の世界を出す時腕時計、デザインが多くて、すべて特色をも高く備えます。例えGeophysic地球物理天文台のシリーズの世界の時に腕時計。

1958年に国際国際地球観測年で、世界のたくさんの国家は共同で全世界的な科学考察を行って探求します。ジャガー・ルクルトは当時にGeophysic地球物理天文台の腕時計を出して、それは精確で、しっかりしていて、磁気、アンチ・ショックを抵抗する、探険隊の信頼できるパートナです。2015年、ジャガー・ルクルトはこの腕時計を再度世間の人の目の前に持ち帰って、地球物理天文台のシリーズを出して、大きい3針、世界がある時と世界の時に陀はずみ車などのデザイン。

輝点は“本当の秒”(True Second)が設計するのにあって、急に下を見て、秒針は1秒に前へ脈打って1格、石英の時計のように、しかし実はそれは複雑な機械モジュールの形成したのが1秒の機能を跳ぶを通じて(通って)、科学研究の専門家達の精確な読込みの秒に数えるように助けることができます。それ以外にチップはまた(まだ)独特な非の円形を搭載して車輪を並べて、空気抵抗を減らすことができて、速度を緩める動力は流失して、幸運な精度を高めます。

腕時計にもっと多い風格が現れることができるため、もっと多い場所に適応して、ジャガー・ルクルトはこの2年に出す腕時計は大部分が(は)付いていて簡易に腕時計のバンドあるいは鎖の持つシステムを替えて、どんな特殊な道具がいらないで自分で入れ替えのことができます。それ以外にこの腕時計のよく合う5列の式金属の時計の鎖、最多で5ミリメートル更に延長することができて、腕時計と計略の間で最も心地良い位置を調整することができて、すべてきわめて最も親密な細部です。

ジャガー・ルクルトGeophysic地球物理天文台のシリーズの世界の時に腕時計