カルティエ(Cartier)のCalibre de Cartier多い標準時区の腕時計、格拉蘇蒂とオリジナルなこの腕時計はすこぶる違うやり方で同じ効果をあげていて、しかし都市の表示盤を移して殻側を表す縁に着いて、盤面にそんなことはないのが過度に複雑にならせます。1つ1つ続くボタンを押すのでさえすれ(あれ)ば、目的地都市名をこのウィンドウズの中で移して、そして、対応してサマー・タイムあるいは冬季にことができる時、時計の文字盤の中央は太陽あるいは月の矢じりのポインターに付いていて、この都市の時間を出るのを指示して、かつ知っているのが昼間あるいは夜であることができるです。この腕時計はもう一つの面白い場所がまだあって、それはさらにもとを計算して都市到着する目的地時間の間の時差に居住しておよび、時計の文字盤の下のセクタゾーンの地域のポインターから表示します。

カルティエCalibre de Cartier多い標準時区の腕時計