セイコーPresageシリーズの中で、大きい見える火のエナメルの時計の文字盤の腕時計を採用するのがいて、陶の磁器の皿の腕時計を採用するのがいて、今多くなった1枚の採用Arita陶磁器の時計の文字盤の腕時計、このような陶磁器の硬度は普通な陶磁器の4倍です。

新作の腕時計の時計の文字盤はArita陶磁器メーカーShingamaの責任者Hiroyuki Hashiguchi製作から。まずArita陶磁器を置いて鋳型の中で定型化して、それから入れて1300℃のオーブンの中でベーキングで、ベーキングになって成型した後にまた表面手製での上で一層の上薬、それからレーザーの彫刻する方法のあけるポインターとカレンダーの表示する窓口を採用して、最後はまたオーブンを入れてベーキングで、針の穴とカレンダーの窓口へりが更に平らで滑らかなことを指しをさせます。

青いアラブは時計の文字盤の上で時間目盛りの霊感はArita陶磁器に生まれて、12時に位置の赤色の“XII”は設計してセイコーの第1枚の腕時計Laurelに生まれます。

Arita陶磁器の新しい腕時計は2つのバージョンがあって、動力を持って表示したのSPB093を貯蓄して6R27搭載して、国外政府の公の価格は200、000の円、約人民元の1.2万元です;ノーマルのカレンダーの表示するSPB095は6R35搭載して、国外政府の公の価格は180、000の円、約人民元の1.1万元です。

セイコーの新しい陶の磁器の皿の腕時計