本部が東京CITIZEN(シチズン)の所属Campanolaに位置する前に腕時計のシリーズの“COSMOSIGN”を出して、星空を問にして、しかし別に単純でないのが星空の表面に参加するのがそんなに簡単で、この腕時計の上で本当にの星座皿で、北緯の35度、4.8などの以上の1027個の恒星を表示して、166の星雲と星団がまだあって、現在の上空の星の位置を表示することができて、いつも星空の撮影技師を撮影するとについて星者を見てたいへん助けがあります。

以前は日本GizmodoJPの報道、有名な天文の撮影技師兼芸術家の加賀谷の茎を探してきて試用して、彼は“腕時計の第1印象に対してとても格好が良くてまた美しいとだと表して、製作が精密で、そして正しい星の位置を表示することができて、装飾は、別にとても実用的な機能があるありません。”加賀谷の茎の前で作る番組《銀河の鉄道の夜》に参与して、日本国内ですでに100万が1延べ人数、小惑星の11949を閲覧しても彼で命名するのが成立しました。

表面の下の図形の部分はすぐの星空の状態で、中央に羅針盤があって、北方を表面の上「N」字に合わせなければなりません。

加賀谷の茎は言って、時には辺鄙で遠い地区に向かって撮影するため、しかし普通に星空を撮影して、環境は光が比較的少ないのが必要で、しかしこのようにカメラを操作しにくくて、だから彼はこのブロックリストで昼間の時撮影したい位置と方向を確認して、昼間に空に対して良い3脚を支えて、夜に直接撮影します。

加賀谷の茎は例を挙げて説明して、たとえば琴座の織女星、わし座の牽牛星と白鳥座の天津の4構成から夏季の大きい三角形の物、を撮影したいです。

星の位置を調べる以外、もう一つのモデルは月面のモデルがまだいて、月の情況を見ることができました:

COSMOSIGNシリーズはそれぞれ280000円と250000円を売って、約16000元と15000元、もしももっと多い詳しい情況を調べたくて、オフィシャルサイトに向かうことができます。

シチズン(CITIZEN)はずっと多元の文化の理念を受けてその通りにして、たゆまず頑張りぬいてきんでているの、を求めて力を尽くす革新します。世界の公民(citizen)として、シチズンに私達の技術を利用して世界の文化のが積極的に変遷を発展して続けるのを推進する責任があって、私達はのなる自分の務め、そして確固不動として未来のすべてのチャンスと挑戦を迎えるでしょう。

シチズンの星空のシリーズの腕時計