全世界の行政の総裁の慕瑞はイベントの上で特に今年のバーゼルの時計展の上で発表する馬利竜を紹介して時間単位の計算名に帰って(Manero Flyback)を表しを飛んで、それぞれ18Kバラの金あるいは精密な鋼の型番で、それぞれ独特な個性があって、1か所に集まる馬利竜のシリーズの古典の美感はおよび、元素を設計します。

馬利竜は時間単位の計算に帰って精密なCFB1970が自動的に鎖の時間単位の計算のチップに行きを組み立てるのを表しを積み重ねるのを飛んで、動力備蓄物42時間、時間単位の計算機能は1つの時間単位の計算の歯車から制御して、チップはまた(まだ)飛んで時間単位の計算機能に帰りを持って、高速が連続して多数の時間単位の計算の手続きを実行することができて、透明な時計が辺鄙で更にチップの精巧で美しいのを見てと労働者と運営をつくることができます。

43ミリメートルは殻のサイズを表してこのごろ腕時計設計の傾向に迎合して、精密な鋼の型番は優雅で含蓄があって、青い時計の文字盤はあたかも琉森の山岳地帯の湖面の水色のようです、光線の角度に従って変化してほこりの青くて濃い藍色の間の色調で介在するのが現れて、精密な鋼のポインターは面を磨き時と表示してグレーワニの皮バンドを足して、ハンサムで修養がある風格は首尾一貫しています。18Kバラの金の型番は声がかれる黒色の時計の文字盤をつけて、配るのは全く古典で美しくて、時計の文字盤へりの速度計の目盛りその上小さくてへこんでいる9時の小さい秒針と3時の30分のサイクルコンピュータ、配置が平衡がとれていて独特のおもしろみがあって、段落がはっきりしています。

馬利竜は時間単位の計算に帰って時計を積み重ねるのを飛びます ブランドの光り輝く時間を目撃証言します