この腕時計は1枚がもう1度時計のモデルを刻むので、その原型の空軍の司令官の時間単位の計算が最初を表すのはブランパンのから20世紀に50年代生産したので、言うところによれば米国空軍に使うように供えるので、ブランパンはその時その製作12の様子のために表して、総生産量は有限でとてもまばらで、界あるいはオークションを収集する上にきわめてめったになくて、最も神秘的な収集家の腕時計の中の一つを思われます。

1枚がすでに今年に5月27日にオークションを展示するのを行ったフィリップスの香港があって、価値は大体500000―100、000のドルだと推定します。2016年にフィリップス(2016 88 Epic Stainless Steel Chronographs auction)が10万スイスフランの価格でで決定する1枚の(同一のモデルではない)がもあります。

2019新作の腕時計は原版(寸法変化に忠実で、原版の42mm新版の42.5mm)、初代空軍の司令官の腕時計はその時最も先進的な飛行機のパイロットを運転するために設計したのです;新作の腕時計は初めて世代とと同じに、も同様につめ機能を装備している“逆な時”を配備して回転して表す前に小屋、“古いラジウム”の型SuperLuminovaスーパー夜光の材質のベージュの時に表示して、3時に位置は時間単位の計算機能の30分に帰って計算を分の目盛りの小さい時計の文字盤飛びが設置されていて、9時に位置は12時間の計算する時間の目盛りの小さい時計の文字盤が設置されていて、計の秒の目盛りの輪をめぐるのが運行するスピードを測る目盛りの輪で、1000mの距離の平均の時速を表示するのに用います。

腕時計の内部のカタツムリの形のチップはプロペラの形の赤い金と陀を並べて持ちつ持たれつで更によくなって、エアプロペラの正面の視角が現れました。内部はF388Bチップを搭載して、垂直のクラッチを配備して、反対に式の自動時間単位の計算をたきつけて時計を積み重ねる時間単位の計算が秒針の順調なスタートを表しを積み重ねるのを確保して、タイムアウトを表してと間の継目なしがつながりをスタートさせるのをまた積み重ねるのを実現することができます。

ブランパンBlancpain空軍の司令官の腕時計