「小さくエナメルを描く」は公認させられて難度が最高で、芸術のために最高な技法を成し遂げます。 針金をつけるエナメルあるいはの内でエナメルを埋めるのだであろうとのため、すべて固定的なフィルの上薬の空間を、ただ小さくエナメルの根拠を描いてある図案の小型の縮図が顔立ちの上でまで(に)彩色上絵を行います。 まず、エナメルの彩色上絵師は顔立ちの表層で数層の白色のエナメルの釉の色彩を塗りつけなければならなくて、続いてやっと図案を制作するのを始めて、エナメルの彩色上絵師はきわめて非常に細い筆を使ってきめ細かい筆触でつけて色彩の色のある上薬の粉を染めて、精巧で美しい図案を制作しだします。 その他にまた(まだ)かまどを掌握するのが正しい時間と顔料を燃やさなければならない個性的で、ようやく真に迫るでしょうことができるエナメルは色を固めて保存します。 小さく何度もあぶり焼くを通じて(通って)エナメルを描いて、各種の色は異なる融点の下で次から次へと溶けて、そのためエナメルの作品は最後にどんな顔が現れて、本当は予想しにくいのです。 エナメルの技術は比類がない根気を重んじます。 1枚の数のcm2の絵は行って、時数週間のセイコーの密偵がかからなければなりません。 それ以外に、が一回あぶり焼くのがすべて冒険的でで、作品はいつでも大事が最後の1歩で失敗に終わります。 エナメルが過程で最もリスクを備える1歩の“激しい炎技術”を作るのはエナメルの彩色上絵のが色法を固めるので、極度で複雑な伝統の技法を採用して製造して、この過程は摂氏の800度の高温下で行わなければならなくて、そのためこの1の重任を担当することができる少数のエナメルの彩色上絵師がしかありません。

エナメルが小さくて技術を描いて表を作成する稀少な技術の中の一つに属して、このごろ学校今なお教授のこの伝統の技術はめったにありません。 ジャガー・ルクルトの時計工場は古いエナメルを再現して小さくて技術を描いて、全力で最も純粋な優良品質のエナメルを探して渡してジャガー・ルクルトのエナメルの技術の大家から創作します。 もとは表を作成する師の米科洛・麦塞爾(MiklosMerczel)のために表を作成する技術以外、更に抜きんでるエナメルの彩色上絵の日の組、長年を通って経験してエナメルの芸術の労働者の坊を創立していて、ジャガー・ルクルトはスイスになって唯一エナメルを持って(In―House)技術のブランドを自製します。 今のところ、エナメルの彩色上絵の労働者の坊はすでに3人のエナメルの大家の合計の7人のエナメルを持って小さくて職人を描きます。 彩色上絵の腕時計ごとにきわめてすばやい手作業は、完璧に顔料と数百時間のすべての心に投じるのを掌握しなければならなくて臻が着くのがようやく完璧なことができます。 ジャガー・ルクルトは時計と精密な芸術の完璧に結び付ける夢を実現しました。 小さくエナメルの腕時計を描いて変形しない、色があせないで鑑賞する家達の最も夢にまで願う芸術の貴重な品になります。

エナメルの小さい描く色は長い間明るく美しくて、作品が長い間がたつのはますます新しくて、運用は名画を保存してきわめて高い芸術の価値を更に備えに来ます。 ジャガー・ルクルトは何度もエナメルの技術を運用して芸術家に向って敬意を表しに来て、例えばReversoで腕時計の背面をひっくり返して“アールヌーボーの風格”の画家のアルルの豊かなこれ・が現れて夏(AlfonsMucha)の作品を慕います;またあるいはこする画家の維梅爾(JanVermeer)の「真珠のイヤリングの少女をつける」の時に、明暗の対比するつやがある影の効果、人物と現れる感情、すべてきめ細かい筆触を通して忠実に現れます。

ジャガー・ルクルトが小さくてエナメルの芸術を描きます