この腕時計は南北の半球の月相の損益を配備して表示して、それは忠実に北半球あるいは南半球の発見した月相から再現します――互いに倒影になって、対照の妙をなします。モデルがまた(まだ)逆数に円を刻むように協力するのを配備したのを表すべきで、精確に次に満ちる月の余剰の日数まで(に)読み取ることができます。新作はプラチナのために製造して、直径の44.2ミリメートルのダークブルーの時計の文字盤と銀めっき処理の細部を配備して、小さい秒の皿あるいは月相の円盤の上の細部のようです、両面を付けてあって光が反射することをコンベックスのサファイアのガラス防いで鏡を表して、それによっておもしろい色を作りだして効果を対比します。

IWCのポルトガルの万年暦の月相の腕時計