アコード・ブランドの創始者であるPierre Jaquet Droz氏(1721-1770)は、世界時計史における伝説的な色彩を持つ偉大な人物の一人であることは間違いない。ピエール・アクロはヨーロッパの啓蒙時代の巨匠であり、機械天才であり、世界の宝石時計界の先駆者でもあり、夢と詩の創造者でもあります。18世紀の魅力的な風雲児の一人です。
学者は必ず師を求め,師に就いては謹直でなくてはならない.——宋程颐
「風に乗って夜に忍び込み、しっとりとしたものが音を立てない」。学生時代を思い出して、あの憂鬱な時間は先生の懇々と教えてくれた春雨のように心を潤してくれて、今の私達があります。今の人はすでに抽象的な時間で先生たちの春風雨のように心を込めた教えを銘記しています。
時間のキャリヤーとして、腕時計は歳月の流れを方寸の間に現れて、舞台裏の職人達は巧みで完璧な表工芸の代々の薪火を伝えて、伝統と革新を同時にすべての腕時計の中に溶け込みます。
アコード・ブランドの創始者であるPierre Jaquet Droz氏(1721-1770)は、世界時計史における伝説的な色彩を持つ偉大な人物の一人であることは間違いない。ピエール・アクロはヨーロッパの啓蒙時代の巨匠であり、機械天才であり、世界の宝石時計界の先駆者でもあり、夢と詩の創造者でもあります。18世紀の魅力的な風雲児の一人です。
1721年にスイスのラシャデル(La Chaux-de-Fonds)に生まれたピエール・アコードは、時計を愛する父の目に染められ、小さい頃から時計と精密機械に深い興味を持つようになりました。巧みな手によって、厳格で細心な態度を持っています。また、機械の原理に対する熟練した運用もあって、彼はすぐに表の分野で頭角を現します。
1738年、わずか17歳のピエール・アコードはラシャドーのSur le Pont農場で初めて時計工場を設立し、完璧な時計と置き時計の製造と販売を開始し、その時計作品に音楽と自動人形を入れて飾ります。いわゆる「自動人形時計」です。
機械に精通し、複雑なムーブメントの製作にも長けており、ピエール?アコードは疑いのない自動人形機の巨匠となっている。彼が作った時報鳥や音楽噴水や音楽時計はいずれも名実ともに芸術上の貴重品です。1755年に登場した自動人形機「作家(The Writer)」は彼の手によるもので、当時の機械工芸の傑作である。
ピエールは「作家」を約70センチの高さの3歳の男の子のように設計した。彼はルイ十五風のベンチに腰を下ろし、一心不乱にペンを振り、インクをつけて字を書きながら、まばたきしながら頷いた。記録によると、「作家」は二つのギアのセットを精巧なシステムで交互に解放します。最初のセットは体の上端に取り付けて、三つのカムが付いている回転垂直回転シリンダーを通して、腕の三つの基本方向の運動をコントロールして、水平または垂直方向にペンを運びます。触れる。文字を書き終えたら、第二のギアはカムシャフトの上下を動かして、まずペンを紙から持ち上げてから次の文字を書きます。体の下半分は第二のギアで制御されます。
円盤を囲む40枚の鋼製の栓は、1本の9度の角度で交互に動き、設定に応じて任意の文字や記号を書くことができ、40文字と3行の文字を上限とします。カム軸は、鋼管の指令に従って位置を調整し、特定の文字の輪郭を描き出し、異なる機械的動作(例えば、新しい行と点墨)も同じ原理で制御します。その道具が貧しかった時代には、600個もの機械部品を人形の体に全部収納し、それらを組み立てることができました。そして機械の原理で人形を動かすのはとても簡単ではありません。本物の巨匠級の人物だけが完成できます。
他の二つの作品は「音楽家(The Musician)」と「画家(The Draugsman)」の息子と養子によって設計・製作され、彼らは幼い時からピエールの教えを受けています。腕も抜群です。
これらは後代の人たちに「ヤックドロック機械人形(Jaquet Droz Automatia)」と称された傑作で、当時ヨーロッパの多くの王公貴族が感嘆し、これまで傾倒していました。今日はスイスのナシャテル芸術と歴史博物館に行くと、まだ彼らの姿を見ることができます。

万世の師表、アコードは美しい時まで受け継がれていま