1人のレディースは彼女の恋人の腕時計を借りてきて残して永遠の恋しい思いをします……La D de Diorはこのようなアイデアの下で2003年設計でなって、それは70年代から霊感をくみ取って、黄金、ダイヤモンドを採用してと石などの真珠や宝石師の常用する材料を飾って作ってなります。

Victoire de Castellaneは紳士の腕時計の元からあった全くのシンプルな外形を保留して、同時にそれにきわめてしなやかで美しい特徴を与えます。La D de Diorは導くオーストリアの高級の真珠や宝石の精髄を抽出して、真珠や宝石師の雪式をそのまま用いて技巧を象眼して、採用して石の時計の文字盤を飾って、大胆で富むアイデアは材料、色とスイスの表を作成する技術に解け合って、その中はZenithから作るElite機械のチップを設計するのを含みます。2016年、このシリーズはLa D de DiorSatineシリーズの新作を出して、腕時計まるで“リボン”の普通な造型、ミラノ式の鋼質を配備して時計の鎖を編んで、この材質の材質は柔軟で柔軟で、金属光沢を配って、似通っていっしょに金属の質感の生地を満たします。

La D de Dior Satinシリーズの高級の腕時計