ロンジンの大きい目の飛行する時間単位の計算が表すのは基づいて19世紀30年代の時間単位の計算に時計を積み重ねたので、しかし具体的な時計のモデルは別にとても明らかでなくて、その時の博物館はこの復古の時間単位の計算を収集して時計を積み重ねて、しかし詳しく記録して記録されているのがありません。70の年代の期間まで(に)20世紀まで50年代着いて、大きい目の飛行する時間単位の計算が時計を積み重ねるのはとても人気があって、多くのブランドはすべて出たことがあって、ロンジンは。

ロンジンのこの大きい目のパイロットの時間単位の計算の表す時計の文字盤順列は復古に生まれてモデルを表して、3つの時計の文字盤はすばらしい“3目式”を呈して並べて、大きい目(BigEye)はこので名声を得ます。30分の時間単位の計算皿の設計は比較的特別で、常規の設計に似ていないで、非常に一部に分けたので、全ては一部は3分で、この設計もおそらくパイロットのオーデマピゲコピーに対応して、助けのパイロットの時間標準は角を曲がって(普通は2分だ)あるいは長距離電話通話します。

盤面の設計もできるだけ原型と間近で、似ている時標的のフォント、尾端は涙の形設計を垂らす時間単位の計算のポインターで、すべて復古に生まれてモデルを表すのです。この時計の時間単位の計算の押しボタンは殻の距離を表しと大きくして、かつそれとも円筒状のの押しボタン設計、可能性を尽くして復古の造型を保留します。

ロンジンがすばらしくてもう1度シリーズの大きい目のパイロットの時間単位の計算を刻んで表します