達文西の万年暦の時間単位の計算の手首は殻の直径の43ミリメートルを説明して、厚さの15.5ミリメートル、人目を引いてまた調和がとれています。2つの押しボタンの採用のチューブラ形の形、1985年と達文西の万年暦の腕時計採用の円形すべてのとと違い冠を表します。大型は耳を表して移動することができる機能によく合って、全体設計はいっそう完璧に調和します。時計の文字盤は多いをの含んで表示しましたけれども、しかし依然としてはっきりしていて簡明です。その中のはひとつの、デザイナーが“12時”の位置の時間単位の計算のために月相の損益を表しを積み重ねて累加器がダークブルーのを選んで色を合わせるのを表示します。ここから、このパネライコピー部分と時計の文字盤とその他の3つの小さい時計の文字盤は明らかに区分します。小さい時計の文字盤は赤い金のデザイン(型番:IW392101)と精密な鋼のデザイン(型番:IW392103)の中でそれぞれ銀めっきと岩のグレーに色を合わせるように選択して使用します。

赤い金が表す殻を表す、耳を表す、冠と押しボタンを表して純粋な18のK赤い金の材質を採用する。ダークブラウンSantoniワニの皮バンドは同様に金色でボタンを表して手首間でしっかり固定的です。黒色ワニの皮バンドの精密な鋼を搭載してモデルを表す中で、岩のグレーのサイクルコンピュータはロジウムの質へりがあって、重要な設計の元素の円形の造型としてに対して再度突然現します。透明なサファイアのガラスを通して底を表して、つける者が鑑賞してはめ込むことができる陀と橋板の上を並べて豊富に紋様に扮する藍鋼のねじの複雑で精妙なチップ設計、赤い金があります。68時間の動力備蓄物の89630型を配備して時間単位の計算のチップを自製して明らかにはっきりしていて、そしてIWCIWCの両つめから自動的に鎖システムに行ってそのためにエネルギーを提供します。

時間単位の計算の表示する優雅なソリューション

時間単位の計算で時計の設計の中で積み重ねて、腕時計のデザイナーは依然として少しも妥協しません:時間単位の計算の時計の針と分針は“12時”の位置の小さい時計の文字盤の中でで統合して、記録する時間は2つ目時間ように気楽に読み取ることができます。単独の累加器上でと時間単位の計算を累計するのが比較するのを表示して、これは1つのもっと優雅なソリューションと言えます。青い中央の時間単位の計算のポインターに助けを借りて秒間を読み取ることができて、精密に必ず八分の一秒着きます。時間単位の計算が時計を積み重ねて2つの押しボタンがあって、スタートを利用して、そして帰零を停止して、同じく直接ポインターを再び置いて0(飛んで機能に帰る)になることができます。チップ設計は時間単位の計算機能に持続的に運行のことができさせて、腕時計の68時間の動力備蓄物に対して明らかな損害をもたらすことはでき(ありえ)ないです。

設計の現代をつり合わせるのがあって思う時計算します