歴代貴重な品を収集しました

ブランドの誕生225周年を祝うため、GPジラール・ぺルゴは改めて復刻版「Laureato」にそれ原本美学を回顧するように出しを表します。
巧みで完璧な製造プロセス技術と精密な機械技術に頼って、GPジラール・ぺルゴは表して40数年来初の精密な鋼「Laureato」腕時計を出して、またこの設計のために225の限定版のシリーズを出します。

精密な鋼の美学を貫徹します

精密な鋼の独特な美学はいままでずっと表を作成する職人と高級の時計の愛好者を深く受けられて敬愛して、そのため精密な鋼版「Laureato」はスポーツの風格の美学の盛んな勢いとを復帰します。新しく設計して表して簡潔に柔軟な総合腕輪の腕時計を閉じ込めるとすばらしい6角の形があって、かつかぎ針で編んで元素を差し引きに参加して、光沢加工とシルクは効果の間を売り払って優雅な対比を展示します。

41ミリメートルの直径は殻を表して再度世間に現れて、きっととても大きい時計の設計する潮流を巻き起こします。腕時計は第1世代の既存の指揮棒の形のポインターと蛍光を採用して飾って、時計の文字盤(石灰あるいは軍の青い)は「ClousdeParis」細い格の模様を印刷してあって、1975初版のすばらしい美学を貫徹します。3時に位置に期日の表示があります。結晶性鉱物は反射光処理を経て、背を表して更に藍宝の結晶性鉱物があります。

LAUREATO2016:事業を受け継ぎ、将来の発展に道を開きます