“The Panerai Watchmaking Academy沛納海時計学院は”は初めて中国の上海で見得を切て、ブランドを展示して高級な腕時計の領域にあって、全面的にチップを実現するに自主的に道の挺進する遠大な抱負と送別会をしを研究開発して生産します。学生達は盛んな刺し縫いする海の表を作成する師のが引率するにおりて、専門の表を作成する道具を使ってだんだん探究して、一心にP.を解析します3000チップの機械的な神秘。

2005年から初にチップP.を自製するように出します2002今なお、盛んな刺し縫いする海は現在20数の機能のそれぞれ異なっている自制のチップを研究開発して、全面的にブランドの腕時計のシリーズを覆って、高級な表を作成する界で成績が誇らしいとの言えます。両地からの時に飛ぶまで(に)時間単位の計算に帰って、日常で必要な3日の動力に10日更にはに8日続くまで(に)ロングの動力を貯蓄して貯蓄するように適合するから、技術の特許陀はずみ車のチップP.を得たのがまだあります2005,帆船試合のために帆船のカウントダウン機能を競うP.を生んで、配備しました9100/Rチップ、および人に驚嘆させる両地の時に3は時間を知らせるチップにP.を聞きます 2005/MRなど、枚挙にいとまがありません。

2014年に初めて盛んな刺し縫いする海はスイスの諾沙泰爾Pierre-à-Bot高地で全新制表工場を設立して、250名の腕時計の表を作成する職人を持って、ブランドになって次の技術更にピークの強大な拠り所に踏み出します。盛んな刺し縫いする海P.1000が手動で鎖のチップに行って搭載するのと陀のP.を並べるえこひいき式があります4000は自動的に鎖のチップのに行って出して、更にブランドに軽薄で優雅な全く新しいLuminorDueシリーズの作品を製造しださせます。

“The Panerai WatcH Making Academy沛納海時計学院は”は心をこめて配置する専属の空間で行います。2人の盛んな刺し縫いする海の表を作成する師の専門の解説でおりて、学生達は盛んな刺し縫いする海P.から3000チップの外観は手に入れて、自らシルクに磨き上げるように理解した、面取りが磨き上げる、堅固な3/4添え板設計など盛んな刺し縫いする海のシンボル的なチップ設計と技術。あとで、表を作成する師は上鎖のメカニズム、動力系統、駆動方式、からシステム、制御装置などを跳躍する方面を捕らえて、機械のチップの運行の構造に対して奥深いがごく分かりやすい解説を行いました。

学生達は姿勢正しく座って専門で表を作成して働く台の前一心不乱になって、糸を繰ってたこをむいて、チップの動力が行って全く釈放した後にに対して、だんだんチップの並べるのを解いて添え板に順番に当たりを探究してはずす、捕らえてたとえ添え板、駆動方式の添え板、ぜんまいの箱の添え板をつくのでも、主な基板に至って全く目の前で現れる、P.に対して完成しました3000チップの基本は解をはずします。

あとで、表を作成する師がまたみんなにだんだんぜんまいの箱のが適当な場所に置きに対して完成するように連れる、ぜんまいの箱の添え板の固定、駆動方式の歯車(3ラウンド、2車輪、雁木車、秒の車輪)のが放置する、駆動方式の添え板の固定、たとえついて捕らえてたとえ添え板の設置と固定をつくののでもでもを捕らえる、最後、最も肝心な1歩で、そして平衡をつないでいるのスーパーコピー時計が車輪と空中に垂れる糸の並べるのを並べて添え板に順番に当たって正確に平衡がとれていて放置するでしょう固定的で、少し鎖に行きます後、P.3000チップのは構造を捕らえてたとえ再度循環した精密な正確なリズムを始めるのでも、機械的な非常に不思議な“魔法”で、時間の正確な計量に対して実現します。

順調にP.を完成します3000のが解と組み立てをはずした後に、学生達は盛んな刺し縫いする海の中国区の社長の程を公布して幅先生の締結する“ThePanerai WatcHMaking Academy沛納海時計学院の“修了証書”をあけるのを得ます。

あとで、学生達は1つ1つ盛んな刺し縫いする海の2017年全く新しいシリーズの腕時計を鑑別評定して、盛んな刺し縫いする海のシリーズの作品の中で最も細かくて薄い新作LuminorDue名を現して盛んな刺し縫いする海の古典の帆船の挑戦試合(PaneraiClassic YachtChallenge、全てPCYC)特製のLuminor1950PCYC腕時計と略称するためにその列でおよびを表します。

イタリアの設計の美学とスイスの高級の表を作成する技術の盛んな刺し縫いする海に解け合うのは世界に名をとどろかす高級のスポーツの腕時計のブランドで、ずっと専門の表を作成する技術に力を尽くして、ここ数年来更にチップの研究開発と製造上で心血を傾けます。

“ThePanerai WatcHMakingAcademy沛納海時計学院の”の自らの体験を通して、盛んな刺し縫いする海は高級な表を作成する領域の努力と成が更に十分に腕時計の愛好者と収集家に向ってで現れて、そして籍はこのは伝えられます。

The Panerai Watchmaking Academyは初めて中国の上海で見得を切ます