今回、「GPジラール・ぺルゴがPlaceGirardetを表」シリーズのすべてのデザインは皆縫ってブランドで最も代表性「Pontd’or」の金橋を備えます。6時(点)の位置の金橋に置いて、更に初めてMicrovarで並べて上に順番に当たりを埋め込みします。9時(点)に位置の金(さん)板は直接チップの上で腕時計の複雑なチップの美学が最も目立つ前に、を埋め込みします。腕時計の中央の短い句はこの年の重要な時間を描写して、GPジラール・ぺルゴが表して表を作成しを界の重要な時間、および文化、科学と政治の領域の重要な一里塚含みます。例えば、1808年の設計がほこりの褐色の時計の文字盤と華麗な彫りを付けてありを象徴して、だからベートーベンの第5番の交響曲を紀念します。青いをの添えて砂の時計の文字盤の1963年のデザインを噴き出す首位の女性の宇宙飛行士の宇宙飛行の旅を紀念するです。「GPジラール・ぺルゴがPlaceGirardetを表」シリーズはと違いと異なる色の装飾、異なるタイプの目盛り風格のポインターを採用して、だから異なる年度の腕時計を象徴しに来ます。

ただ1つの時計の文字盤の美学